Steam版 鉄拳7を様々なスペックのPCで動作チェック!


Steamのセールで買った鉄拳7を低スペックPCや
古いグラボを積んだPCで動作させてみてどの程度FPSが出るか検証してみました。
非常に美しいグラフィックのゲームなため、動作が重そうですね。

Steam版のメリット

  • そこそこの性能のPCがあれば各PCでゲーム・セーブデータを共有できる
  • Windowsという今後も安泰といっていいプラットフォーム
  • Steamのリモートプレイがラグが少なくなかなか優秀
  • 煩わしいディスク入れ替えがない
  • マシンスペック次第でコンシューマー版より高画質・高フレームレートになる

Steam版の基本情報

Steam版ページ

  最小スペック 推奨スペック
OS Windows 7/8/10 64bit Windows 7/8/10 64bit
CPU Intel Core i3-4160 @ 3.60GHz Intel Core i5-4690 3.5 GHz
メモリ 6 GB RAM 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 660 2GB
GTX 750Ti 2GB
NVIDIA GeForce GTX 1060
DirectX Version 11 Version 11
ストレージ 60 GB 利用可能 60 GB 利用可能

この手のゲームで重要なのがグラフィック機能で
グラフィックボードを積んでいないと厳しそうな感じですね。
逆に単純な演算をするCPUはそこそこのでいいっぽい。
必要容量が60GBと容量の少ないマシンだとインストールがきつそうです。

最低でもグラフィックボードを積んでいないと遊べなさそうですが・・・

動作チェック

手持ちの様々な世代・スペックのPCで検証

ゲーム内容に関しては攻略サイトを書いている方々の記事をご覧いただくとして
PC版ということで気になるのは自分が使っているPCで
快適に動くものなのか、というところ。

ジャンカーゆえにたくさんのPCを所有しておりますので
参考にしていただくためにいろいろなPCで動作確認をしてみたいと思います。
FPSはSteamクライアント側で表示できるもので測定。


設定項目が充実していて細かく弄れます。
描画スケールを下げると軽くなりますがキャラがガタガタになるので
他は下げてもこれだけはできるだけ高くする方針で調整します。

フレームレート(FPS)は大きければ大きいほど動きの滑らかさが増します。
一般的なゲームのFPSが60ですのでその付近出ていれば
その解像度、描画設定に対するスペックが足りているという事になります。
ステージによって若干、処理の重さが変わります。

スペックは高くないけど動くだろうか、という方向けの記事ということで
よろしくお願いします。
なお、今回は初代GPDWINは検証の対象から外しました。
(ストレージが64GBなのでインストールできない、SDカードはクッソ遅い)

GPDWINMAX

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5
1035G7
メモリ DDR4 16GB
グラフィック Intel IrisPlus940
画像の設定のFPS 50~60FPS

8インチ小型ゲーミングPCのGPDWINMAX。
グラフィック機能が従来のIntelのものに比べて強力になっているため、
小型ながら軽いゲームならヌルヌル動く性能を持っています。
本体の液晶の解像度が1280×800なので720P解像度でのプレイがメインになると思います。

1280×720解像度、プリセットで低設定にした後描画スケールを100に、垂直同期はオフ。
この設定で軽いステージならだいたい60FPS付近で貼り付きます。
重いステージは50FPSくらいに落ちますが一人プレイなら十分遊べそうです。
描画スケールが100なので画質も意外と良い。
外部ディスプレイに繋いでの1080Pでのプレイはコマ落ちが激しく厳しいと思います。

性能をフルに使うせいか、バッテリーの消費が激しいです。
長時間のプレイはACアダプターやUSB PD対応のモバイルバッテリーが必要。

2020年10月6日。 巷ではゲームギアミクロの発売日でいろんな意味で祭りになっていましたが スルーした私はこっそりポチっていた小型ゲーミングPCである GPDWIN MAXで楽しんでいました。
created by Rinker
Three One
¥108,000 (2021/05/12 22:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

OneMix3Pro

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5
10201Y
メモリ LPDDR3 16GB
グラフィック Intel UHD Graphics
画像の設定のFPS 40~50FPS


GPDWINMAXと同じ第十世代Core i5なんですがこちらはCore M系譜の
省電力プロセッサーなため演算・グラフィック機能ともに半分くらいの性能と思われます。
同じメーカーの小型ゲーミングPCのOneGX1がほぼ同じ構成なため参考になると思います。

液晶の半分の解像度である1280×800に設定。
一番軽量な設定にして40~50FPSと若干カクカクするのを我慢できれば
遊べる程度には動きます。

プレイ中は本体が触れないくらい熱くなるので長時間のプレイは
寿命を縮めるかもしれませんね。

1月某日、私は ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!! 無駄遣いしてぇ!! ちっちゃいノートPCが欲しい!!! ・・・と、悶えていました

富士通 AH77B1

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i7
7700HQ
メモリ DDR4 16GB
グラフィック Intel HD Graphics 630
画像の設定のFPS 50~60FPS


富士通の第七世代Core i7搭載のノートPCです。(2017年ごろのマシン)
新しめのマシンではあるんですがINTELのこの種の内蔵グラフィックは
ゲーム性能に関してはかなり低めなため720Pでもプレイするのは厳しいかと思いきや
720P最低設定まで落とせばヌルヌル動いて50~60FPSと十分遊べます。

ただ、画質はPS2時代のゲームのようなジャギジャギになります。

1月某日、私はア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!無駄遣いしてぇ!! 新しいノートPCが欲しい!!!・・・と、悶えていました

NEC PC-SN18CL TDF

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Celeron 4205U
メモリ DDR4 8GB
グラフィック Intel UHD Graphics for 8th Gen
画像の設定のFPS 30~40FPS


2019年モデルのNECのノートPCですがタブレットに毛が生えた程度の性能の
最廉価モデルで量販店モデルはPC-NS100から始まる型番のものが同等。
メモリは+4GB盛っています。

カクカクでゲームにならないだろうと踏んでいましたが
1280×720最低設定で30~40FPSとヌルヌルとはいかないまでも意外と動く。
GPUの世代が新しめというのが効いているのかもしれません。

今回はハードオフ高松桜町店で発見したノートPC NEC PC-SN18CL TDFを紹介します。

DELL INSPIRON 660S改

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5 2500S
メモリ DDR3 8GB
グラフィック Radeon R7 430
画像の設定のFPS 50~60FPS


DELLのジャンクデスクトップのCPUを交換し、余ってたグラボを搭載したもの。

1280×720最低設定ならばヌルヌル動くのでここはちょっとだけ描画スケールを
65まで上げて画質アップを図ってみました。
軽いステージなら60FPS出るのでまあまあ遊べます。

今回はハードオフ伊予三島店で購入してきた DELLのデスクトップPC INSPIRON 660Sを 紹介しようと思います。

自作PC

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Core i5
4570S
メモリ DDR3 16GB
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX1050Ti
画像の設定のFPS 60FPS


私が現在、寝床でメイン使用している
エントリー向けのグラフィックボードを積んだデスクトップでの動作チェックです。
GTX1050Tiは2016年ごろのグラフィックボードですのでちょっと古めになってきています。
推奨スペックのグラボにはやや足りませんが1080P最高設定で安定して60FPSが出ています。

グラフィックがかなり凝っているゲームですが今となっては性能がいいとは言えない
PS4で動いてるゲームですので世代が新しければエントリークラスのグラボでも
十分動くのかもしれません。

復活のGALLERIAさん

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i7
4790
メモリ DDR3 16GB
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX460
画像の設定のFPS 50~60FPS


ほぼ抜け殻の状態で売られていたゲーミングPCを
部品を集めてとりあえずゲーミングPCの体にしたもの。
グラボが古いのでそこまで高性能ではありません。

1280×720低設定にしたあと描画スケールを100へ。
軽いステージならば60FPS出ます。
しかし、これだけ電気を食いまくりそうな機器でGPDWINMAXと
ほとんど性能が変わらないのは悲しい。

ハードオフ高松郷東店にて。 PC専門店のドスパラのゲーミングPCブランドであるGALLERIAのケースが1100円。
ハードオフ新居浜店にて発見したこのCPU、Core i7 4790。 買うか否か非常に悩みました。 動作未確認とのことですが動けばオク相場の半額くらいなんですよねぇ・・・ 根強く人気のあるHaswell Refresh世代のCPUですがさてさて・・・?
以前、1100円で買ってきたGALLERIAのほぼ抜け殻をちょっとずつゲーミングPCとして使えるようにしていってるのですが今回グラボが入手できましたので搭載し、動作チェックをしてみようと思います。

hp Z220 Workstation改

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Xeon
1270 V2
メモリ DDR3 16GB ECC
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX1650
画像の設定のFPS 60FPS


hpのワークステーションにメモリを盛ってグラフィックカードを取り付けたもの。
GPU性能的にはGTX1060以下、GTX1050Ti以上なので1050Tiと同じ結果になりました。

なんかいいジャンクPCはねぇか~と立ち寄った ハードオフ新居浜西喜光地店にて激安のデスクトップが売ってたので確保してきました。
以前紹介したジャンクで入手したこのPC HP Z220 SFFワークステーションですが CPUがIvy BridgeのXeonだったり、それなりに拡張できそうな 仕様だったりするためゲームもそこそこできる ゴキゲンなマシンにパワーアップさせてやろうと思います。
ちょっと前にジャンクデスクトップのZ220 SFFをパワーアップしたところですが 新しいグラボを購入したので更なるパワーアップを図ろうと思います。 品薄で入手難だったロープロファイルのグラボなんですが フラっと楽天をのぞいたらエディオン楽天市場店に在庫が1つだけあったんですよ。。 しかも最安。 買わないという選択肢は無いでしょう?

ジャンクデスクトップを安く買い、ゲーミングPCに仕立て上げるまでの記録は
上の記事をご覧ください

まとめ

鉄拳7はやや重めのゲームのため高速なグラフィック機能を積んでいない
ノートPCでのプレイは新しめの機種でも画質を落とさないと厳しいです。
ウリである美麗なグラフィックを楽しみつつ快適にプレイしたい場合は
Geforceなど高性能なグラフィックチップを搭載している
ゲーミングノートPCを購入しましょう。

デスクトップの場合もグラフィックボードを搭載していないPCでは
快適な動作は期待できないため、そういったPCへの買い替えや
お使いのPCに適合するグラフィックボードを増設しましょう。

また、HDDにインストールすると試合前の読み込みに30秒以上かかったりと
お前はネオジオCDかと突っ込みたくなるため高速なSSDにインストールしないと
快適に遊べないと思います。
60GBもの容量があるため大容量のSSDを積むことを推奨。

お勧めの中古PCショップをまとめてみます。良いお店が見つかったら随時追加

中古PCショップおススメまとめ記事です

FRONTIERダイレクト
ゲーミングPCの取り扱いがあります。

レノボ・ジャパン株式会社
業務PCのThinkPadが有名ですがゲーミングPCも販売しています。

Amazonでグラフィックボードを検索
Yahooショッピングでグラフィックボードを探す
楽天市場でグラフィックボードを探す

------スポンサーリンク-------
NEC PCが安いアウトレットセールはこちら
-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。