OSなしジャンクのLenovoのPCを公式ツールで無料リカバリーする方法

スポンサーリンク
PayPay山分け


こんにちは、LenovoのPCが好きなプンソンです。
ジャンクで遭遇率の高いLenovoのPC。
Windows10をクリーンインストールしてもいいですが対応機種であれば
公式サイトのツールでリカバリーメディアを作ることができますので紹介します。


スポンサーリンク
PayPay山分け

この記事は動画版があります


Youtubeチャンネルであるジャンクハウス・プンソンではブログの延長として
購入したジャンク品の紹介や修理、新品で購入したもののレビューなどもやっています。

ブログを見てくださっている方で登録がまだの方は
是非
チャンネル登録(無料)・高評価・SNSでシェアを
お願い致します。

チャンネル登録はこちらをクリック!

はじめに


今回の方法でリカバリーできるのは新しめの機種に限ります。
2022年5月現在で何機種か試した感じ、プリインストールがWindows10以降のPCでないと
対象外で弾かれました。
同じPCでも製造時期で搭載OSが異なる場合もありますので注意。

また、レノボのPCは工場出荷状態の時点でほとんど素のWindowsに
公式サイトで入手できるドライバーやユーティリティを入れただけのものに近いので
メーカーの工場出荷状態にこだわる方以外にはあまり関係がないかもしれません。

要は普通にWindows10をクリーンインストールしちまうのが早いって話ですね。。。

リカバリーメディアを作る!

用意するもの

  • USBメモリ(16GB~32GB)
  • PCのシリアル番号

USBメモリは16GBも32GBもあまり値段が変わらないので32GBのものを今回用意しました。


PCのシリアル番号はBIOS画面や本体の裏面のシールで確認ができます。

リカバリーメディアの注文

レノボ PCサポートページ
こちらへアクセスし、PCのシリアル番号を入力します。


レノボアカウントのログインが必要ですがアカウント作成の説明はめんどくさいんで割愛。


ドライバーのダウンロードのページに飛んで


リカバリーメディアを注文する。


進んでいくと言語の選択など出てきますがまあ、迷うことは無いでしょう。

デジタル注文が完了するとリカバリメディアがダウンロードできるようになりますので
72時間以内に専用ソフトを使ってダウンロードしましょう。

ダウンロード・書き込み

Lenovo デジタル・ダウンロード・リカバリー・サービス (DDRS): 必要なファイルをダウンロードして、Lenovo リカバリー USB キーを作成する

上記リンクよりLenovo USB Recovery Creator tool for Windowsを入手して起動。


デジタル注文は先ほど済ませましたので上側をクリック。


レノボアカウントでログインします。


先ほどのデジタル注文が表示されていると思いますので進む。


後はダウンロード先を指定しUSBメモリを挿して該当USBメモリを選択し進めるだけ。


万が一書き込みに失敗した場合はダウンロードフォルダをすべて消して
ダウンロードしなおした方がいいです。
(消さずにダウンロードしなおすと99%で止まることがある)

マカフィーのトラップ

McAfee の問題でリカバリーに失敗する

一部、Windows10のバージョンのプリインストールモデルのもので
マカフィーがプリインストールされている製品は
マカフィーのせいでリカバリが異常終了します。


対策としてはリカバリ前にBIOSに入って日付を2019/1/1に変更すると回避できます。
知らずにリカバリをかけて既に発動してしまった場合はBIOSで日付を変更したのちに
最初からリカバリのやり直しになります。

私は熱心な市販アンチウイルスソフトアンチですので言いますが
市販のセキュリティソフトはこういったところやWindowsアップデート時に
深刻な不具合をだすのでそれ自体がウイルスと言っても過言ではありません。

Windows10以降のPCにはマイクロソフト謹製のDefenderという
優秀なセキュリティソフトが入っていますのでわざわざお金を払って
ウイルスまがいのソフトを入れないようにしましょう。

リカバリー


ブートの優先順を変えてUSBメモリからブートするようにしてBIOSから抜けると
リカバリメニューが立ち上がります。


基本的にはメニューに沿って進めていくだけ。


TPMをクリアするかの画面が出る場合がありますが自分はBitLockerなどの暗号化は
使用していないのでそのままクリアで。
使用している方は良く調べてから選んでください。

今回使用したideapad 310Sのマシンスペックのせいかもしれませんが
リカバリにはかなり時間がかかります。


無事終わりました。
メーカー独自の壁紙やドライバ、ユーティリティが入った状態なので
すぐに使えますが今回の場合はWindows10のバージョンが1703と古かったので
アップデートにさらに時間がかかりました。


その後、マカフィーのプロセスを根絶やしにするためにMCPRという公式の専用ツールを
ダウンロードして実行します。


なんかマカフィーのプロセスをタスクマネージャーで殺しながらでないと
途中で止まったり一回で終わらなかったりしますが無事抹殺完了。
悪は滅びた!

完了


というわけでレノボのPC、一部機種に限りますがメーカー工場出荷状態への
リカバリーメディアの作成を記事にしました。

ここ近年のWindows10モデルもぼちぼち安く手に入るようになってきてますので
活用していきたいです。

Lenovo公式サイトでPCを購入する!

ご訪問ありがとうございました。
よろしければブログのほかの記事も読んでいってください。

ジャンクハウス・プンソンのチャンネル登録はこちらから!
(Youtubeチャンネル登録は無料です)

------スポンサーリンク-------

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋
通販ショップの駿河屋

-------------------------


One-Netbook公式ストア では
Vaio TYPE-Pなどに憧れたオッサンの心をくすぐる小型PCが多数販売されています。
小さいPCが欲しい!という方はよろしければこちらもご覧ください。

-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。