PIXELA 4Kスマートチューナー PIX-SMB400


ピクセラの4Kチューナーが5000円弱で入手できたので
紹介していこうと思います。

なぜ4Kチューナーが必要なのか?


4K放送がまだ開始されていなかった4Kテレビ黎明期の商品には
4Kチューナーが搭載されていませんでした。
なので言ってみれば液晶解像度が4Kなだけのハイビジョン放送受信TVだったわけです。

4K放送が開始された際にそういった古めの4Kテレビに4K放送を受信させるための
チューナーがいくつか発売され、その中の一つがこのPIX-SMB400なのです。
どっかのOEMなのか、同型のチューナーがパナソニックなどからも発売されました。
ファミリーイナダが販売しているイナダミラーのチューナー部としても使用されています。

このチューナー、定価は20000円くらいなんですが
現在はTV側にチューナーが内蔵されるようになったのと
人々があまり4K放送に興味がなかったようで大量に売れ残り、投げ売りに至ったようです。

我が家はBSアンテナが無いため4K放送を受信できる環境にありませんが
このチューナーは平たく言えば『テレビチューナー付きAndroid端末』なので
インターネットにつなげば4K放送以外の用途でも使用できます。

各部チェック


内容物は本体、リモコン、ACアダプター、HDMIケーブル、マニュアル。
当時、各メーカーから何種類か発売された4Kチューナーのうち
ピクセラの物のみHDMIケーブルが付属しておりその分お得でした。
製品の特性上、4K60Pの伝送ができる品質のケーブルのはずです。


背面インターフェイスはアンテナ入力(地上・衛星)
初期化ボタン、HDMI出力端子、USB端子、LAN端子、電源端子。
USB端子はメーカーサイトの写真では中が青いUSB3.0のものになっていますが
今回入手したものは白いタイプでUSB2.0の可能性があります。
仕様表にはUSB端子としか書いていないので詳細は不明。


前面には電源ボタン、チャンネルボタン、なんかよくわからんボタン。
リモコンがあるので本体ボタンを押すことはないと思います。

外装は天板にヘアライン加工がされているものの全体的に安っぽいプラ製。
高級感のあるAV機器と並べるとショボくて浮くかもしれません。


ACアダプターは12V3A。

動作チェック


4Kモバイルディスプレイに接続しLAN端子を挿して電源を入れると
リモコンの設定の画面になりました。
リモコンはBluetooth接続なのでペアリング画面が出ます。
電波式のためチューナーに向けて使用する必要はありません。


そのリモコンですが、テレビのリモコンとしては超絶に使いづらそう。
私のようなスマートデバイスに使い慣れている人間ならば標準的なボタン数なんですが
テレビチューナーとして買った層にはボタンが少なすぎる気がするんです。


チューナーの設定をするためにテレビアンテナを繋ぎます。
私が小学生の頃に使っていた室内アンテナで
まるでちびまる子ちゃんの家のTVの上に乗ってそうなショボい物ですが
我が家は電波が強い地域ですのでこんな貧弱なアンテナでもなんとか受信ができます。


無事に受信できました。
このチューナーは地デジチューナーも入っているのでPCモニターをTV化できますね。


中身はAndroidなのでストアからアプリの追加ができます。
Youtubeなどのアプリは最初からインストールされています。


試しにYoutubeの4K60P動画を再生してみたんですが
性能が追い付いていないのかカクカクします。
4K30Pならば問題なく再生できました。
FireTV4Kなら問題なく再生できたんですがちょっと期待外れですねぇ。


設定がおかしいのかと思って解像度を確認してみましたが問題なし。
負荷が減りそうな4:2:0 8bitに変更してみても変わらず。
4K60PのYoutubeは諦めましょう。


そういやこのチューナー、アップデートをしないとウンコなのを思い出して
システムアップデートをかけました。


アップデート後、外付けHDDへの録画機能が追加されました。
USB端子にストレージを挿すとフォーマットするか確認が出ます。
私は動画が入った外付けHDDを挿してメディアプレイヤーで再生するために
使用するのでフォーマットはしません。


基本的にはGoogleのストアのアプリが使えますがインストールできないアプリもあり。
Amazonプライムビデオもインストール不可でした。
この辺はAPKを直接ブチ込むことで解決できるようですが・・・

AbemaTVなどの無料ストリーミングサービスやVLCメディアプレイヤーを使った
NASからの動画再生などは問題なく使用できましたので
こっち方面で活躍してもらう予定です。

まとめ

良かった点

  • 投げ売り価格で入手できた
  • 各種チューナー付きでPCモニターをTV化できる
  • Android端末なのでアプリが使用できる

イマイチな点

  • Youtubeの4K60Pがうまく再生できなかった
  • インストールできないアプリがある
  • リモコンが使いづらい
  • 無線LANが無い

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。

コメント

  1. daiki より:

    かつてのUHFコンバーターですね。時代は繰り返す。

    • setsuhiwa より:

      今はテレビを買うとこういった機能が標準で付いているのでそのうちこういう商品は姿を消すかもしれませんね。