Steam版 聖剣伝説3を手持ちの様々なスペックのPCで動作検証



発売から半年経った今更ですがハロウィンセールで購入してプレイ中の
リメイク版・聖剣伝説3を手持ちのPCで動かしてみてどの程度のFPSが出るか
検証しようと思います。


今更この記事を書こうと思った訳

『稲作パートがガチすぎる』『農林水産省のQ&Aが攻略Wiki』などと各所でネタになっているゲーム『天穂のサクナヒメ』を購入しました。

先日『天穂のサクナヒメ』で同じような記事を書いたんですが
こういった記事が絶妙に需要があるらしいので他のゲームでもやろうと思いました。

確かに攻略サイトや必要スペックをまとめたサイトは星の数ほど見つかりますが
『このくらいのスペックでこのくらいFPSが出る』という
検証をしたサイトは少ないですよねぇ・・・

Steam版のメリット

  • そこそこの性能のPCがあれば各PCでゲーム・セーブデータを共有できる
  • Windowsという今後も安泰といっていいプラットフォーム
  • Steamのリモートプレイがラグが少なくなかなか優秀
  • 煩わしいディスク入れ替えがない
  • マシンスペック次第でコンシューマー版より高画質・高フレームレートになる

Steam版は3840×2160(4k)解像度を選択することができ
さらにモニターが対応していれば120FPSの高FPSに設定することができます。
マシンスペックが高ければ非常に美しい映像でプレイ可能です。

Steam版の基本情報

Steam版ページ

  最小スペック 推奨スペック
OS Windows 8.1/10 64bit Windows 8.1/10 64bit
CPU AMD A-Series 2.5GHz
Intel® Core™ i3 2.5GHz
AMD Ryzen™ 3 1200
Intel® Core™ i5 2.5GHz
メモリ 4 GB RAM 8 GB RAM
グラフィック AMD Radeon™ RX 460
NVIDIA® GeForce® GTX 760
AMD Radeon™ RX 470
NVIDIA® GeForce® GTX 1050 Ti
DirectX Version 11 Version 11
ストレージ 20 GB 利用可能 20 GB 利用可能
追記事項 60 FPS @ 1280×720 60 FPS @ 1920×1080

Steam版サイトには1280×720と1920×1080で60FPSが出せる構成が記載されています。
この手のゲームで重要なのがグラフィック機能で
グラフィックボードを積んでいないと厳しそうな感じですね。
逆に単純な演算をするCPUはそこそこのでいいっぽい。

最小スペックにあるGeforce GTX760が2013年のミドルロー的な位置づけのグラボなので
ちょっと古めの物でも動きそうな感じです。

動作チェック

手持ちの様々な世代・スペックのPCで検証

ゲーム内容に関しては攻略サイトを書いている方々の記事をご覧いただくとして
PC版ということで気になるのは自分が使っているPCで
快適に動くものなのか、というところ。

ジャンカーゆえにたくさんのPCを所有しておりますので
参考にしていただくためにいろいろなPCで動作確認をしてみたいと思います。
FPSはSteamクライアント側で表示できるもので測定。

フレームレート(FPS)は大きければ大きいほど動きの滑らかさが増します。
一般的なゲームのFPSが60ですのでその付近出ていれば
その解像度、描画設定に対するスペックが足りているという事になります。
このゲームは解像度の変更以外の画質設定が無いため
1280×720(720P)と1920×1080(1080P)解像度の2通りの設定で検証しようと思います。
我が家には120FPSのモニターがないため60FPSを上限とします。

スペックは高くないけど動くだろうか、という方向けの記事ということで・・・

GPDWINMAX

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5
1035G7
メモリ DDR4 16GB
グラフィック Intel IrisPlus940
720P 40~60FPS
1080P 20~30FPS

8インチ小型ゲーミングPCのGPDWINMAX。
グラフィック機能が従来のIntelのものに比べて強力になっているため、
小型ながら軽いゲームならヌルヌル動く性能を持っています。
本体の液晶の解像度が1280×800なので720P解像度でのプレイがメインになると思います。
平均50FPS前後出るようでたまに特定のマップや演出などで
30FPS台に落ちることがある以外は快適にプレイできています。
外部ディスプレイに繋いでの1080Pでのプレイはコマ落ちが激しく厳しいと思います。

性能をフルに使うせいか、バッテリーの消費が激しいです。
長時間のプレイはACアダプターやUSB PD対応のモバイルバッテリーが必要。

2020年10月6日。 巷ではゲームギアミクロの発売日でいろんな意味で祭りになっていましたが スルーした私はこっそりポチっていた小型ゲーミングPCである GPDWIN MAXで楽しんでいました。
【Amazon.co.jp限定】GPD WIN MAX 特典セット (1TB(換装済))

GPDWIN

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Atom x7
Z8700
メモリ LPDDR3 4GB
グラフィック Intel HD Graphics
720P 3~7FPS
1080P 検証せず

今となっては貧弱なスペックの初代GPDWINでの動作はかなり厳しい。
ちょっと前のWindowsタブレットやその部品を流用した小型ノートPCが同等のスペックで
まだまだ出回っている数は多いと思います。
このスペックでこのゲームをやろうというのが無謀で終始カクカクでゲームになりません。
検証していませんが1080Pなどおそらく1~5FPSくらいと思われます。

高性能な母艦があればリモートプレイで快適に遊べるため
小さいボディを生かしてそっち方面で活躍していただきましょう。

OneMix3Pro

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5
10201Y
メモリ LPDDR3 16GB
グラフィック Intel UHD Graphics
720P 13~20FPS
1080P 7~11FPS

GPDWINMAXと同じ第十世代Core i5なんですがこちらはCore M系譜の
省電力プロセッサーなため演算・グラフィック機能ともに半分くらいの性能と思われます。
同じメーカーの小型ゲーミングPCのOneGX1がほぼ同じ構成なため参考になると思います。

もうちょっと頑張ってくれるかなと思いましたが意外とFPSが出ず
プレイはかなり厳しい感じです。

1月某日、私は ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!! 無駄遣いしてぇ!! ちっちゃいノートPCが欲しい!!! ・・・と、悶えていました

2013年頃のノートPC

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i7
3610QM
メモリ DDR3 8GB
グラフィック Intel HD Graphics 4000
720P 10~15FPS
1080P 7~10FPS

普段使いでは苦労しないので
まだまだこのくらいの世代のPCは数多くご家庭に出回っていると思います。
この世代のPCは内蔵グラフィックがとにかく貧弱で3Dゲームは厳しいです。

結果は720Pですらまともにプレイできる代物ではありませんでした
このクラスのPCしか持っていない方は諦めてコンシューマー機を買うか
中古でもいいのでグラフィックボードを積んだPCを買うことをお勧めします。

富士通 AH77B1

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i7
7700HQ
メモリ DDR4 16GB
グラフィック Intel HD Graphics 630
720P 20~30FPS
1080P 10~15FPS

富士通の第七世代Core i7搭載のノートPCです。(2017年ごろのマシン)
グラフィック機能の性能はGPDWINMAX以下、OneMix3Pro以上といったところでしょうか。

新しめのマシンではあるんですがINTELのこの種の内蔵グラフィックは
ゲーム性能に関してはかなり低めなため720Pでもプレイするのは厳しめ。

1月某日、私はア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!無駄遣いしてぇ!! 新しいノートPCが欲しい!!!・・・と、悶えていました

NEC PC-SN18CL TDF

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Celeron 4205U
メモリ DDR4 8GB
グラフィック Intel UHD Graphics for 8th Gen
720P 8~16FPS
1080P 3~7FPS 

2019年モデルのNECのノートPCですがタブレットに毛が生えた程度の性能の
最廉価モデルで量販店モデルはPC-NS100から始まる型番のものが同等。
メモリは+4GB盛っています。

天穂のサクナヒメでは意外と動いてくれたこのマシンですが
聖剣伝説3はやはり重いようで遊ぶのは厳しいようです。

今回はハードオフ高松桜町店で発見したノートPC NEC PC-SN18CL TDFを紹介します。

DELL INSPIRON 660S改

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i5 2500S
メモリ DDR3 8GB
グラフィック Radeon R7 430
720P 35~45FPS
1080P 15~25FPS

DELLのジャンクデスクトップのCPUを交換し、余ってたグラボを搭載したもの。
グラフィックドライバを最新にすることで性能が大幅にアップする
Radeon R7 430ですが設計が古いためか近代的なゲームは厳しいようです。
30FPSでのプレイを許容できるなら720Pで遊ぶことは可能かなと。

今回はハードオフ伊予三島店で購入してきた DELLのデスクトップPC INSPIRON 660Sを 紹介しようと思います。

自作PC

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Core i5
4570S
メモリ DDR3 16GB
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX1050Ti
720P 60FPS
1080P 60FPS
2160P 20~30FPS

私が現在、寝床でメイン使用している
エントリー向けのグラフィックボードを積んだデスクトップでの動作チェックです。
GTX1050Tiは2016年ごろのグラフィックボードですのでちょっと古めになってきていますが
推奨スペックのグラボだけあって1080Pは安定して60FPSが出ています。
このマシンだけ4Kモニターに接続できる位置に設置しているのでテストしたところ
20~30FPSと快適とは言えず。
GTX1070くらいのグラボが必要かもしれません。

復活のGALLERIAさん

OS Windows10 HOME 64bit
CPU Intel Core i7
4790
メモリ DDR3 8GB
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX460
720P 50~60FPS
1080P 30~40FPS

ほぼ抜け殻の状態で売られていたゲーミングPCを
部品を集めてとりあえずゲーミングPCの体にしたもの。
グラボが古いのでそこまで高性能ではありません。

1920×1080設定では30~40FPS前後となりちょっとカクカクする感じがします。
1280×720設定だと60FPS出る感じで重い必殺技の演出の時に50FPSくらいに
下がることがありますが快適です。

ハードオフ高松郷東店にて。 PC専門店のドスパラのゲーミングPCブランドであるGALLERIAのケースが1100円。
ハードオフ新居浜店にて発見したこのCPU、Core i7 4790。 買うか否か非常に悩みました。 動作未確認とのことですが動けばオク相場の半額くらいなんですよねぇ・・・ 根強く人気のあるHaswell Refresh世代のCPUですがさてさて・・・?
以前、1100円で買ってきたGALLERIAのほぼ抜け殻をちょっとずつゲーミングPCとして使えるようにしていってるのですが今回グラボが入手できましたので搭載し、動作チェックをしてみようと思います。

hp Z220 Workstation改

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Xeon
1270 V2
メモリ DDR3 16GB ECC
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX1650
720P 60FPS
1080P 60FPS

hpのワークステーションにメモリを盛ってグラフィックカードを取り付けたもの。
GPU性能的にはGTX1060以下、GTX1050Ti以上なので1050Tiと同じ結果になりました。
おそらく4Kも同じような結果になると思われます。

なんかいいジャンクPCはねぇか~と立ち寄った ハードオフ新居浜西喜光地店にて激安のデスクトップが売ってたので確保してきました。
以前紹介したジャンクで入手したこのPC HP Z220 SFFワークステーションですが CPUがIvy BridgeのXeonだったり、それなりに拡張できそうな 仕様だったりするためゲームもそこそこできる ゴキゲンなマシンにパワーアップさせてやろうと思います。
ちょっと前にジャンクデスクトップのZ220 SFFをパワーアップしたところですが 新しいグラボを購入したので更なるパワーアップを図ろうと思います。 品薄で入手難だったロープロファイルのグラボなんですが フラっと楽天をのぞいたらエディオン楽天市場店に在庫が1つだけあったんですよ。。 しかも最安。 買わないという選択肢は無いでしょう?

ジャンクデスクトップを安く買い、ゲーミングPCに仕立て上げるまでの記録は
上の記事をご覧ください

まとめ

聖剣伝説3 TRIALS of MANAはやや重めのゲームのため
高速なグラフィック機能を積んでいないノートPCでのプレイは厳しいです。
快適にプレイしたい場合はGeforceなど高性能なグラフィックチップを搭載している
ゲーミングノートPCを購入しましょう。

デスクトップの場合もグラフィックボードを搭載していないPCでは
快適な動作は期待できないため、そういったPCへの買い替えや
お使いのPCに適合するグラフィックボードを増設しましょう。

お勧めの中古PCショップをまとめてみます。良いお店が見つかったら随時追加

中古PCショップおススメまとめ記事です

FRONTIERダイレクト
ゲーミングPCの取り扱いがあります。

レノボ・ジャパン株式会社
業務PCのThinkPadが有名ですがゲーミングPCも販売しています。

Amazonでグラフィックボードを検索
Yahooショッピングでグラフィックボードを探す
楽天市場でグラフィックボードを探す

------スポンサーリンク-------
NEC PCが安いアウトレットセールはこちら
-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。