やっぱり音が出ない!PCエンジン SUPER CD-ROM2 PI-CD1を修理!

スポンサーリンク


ハードオフ高松桜町店にて。
PCエンジンの周辺機器であるSUPER CD-ROM2が!
これも子供のころに憧れたゲーム機の一つです。

おそらく単品での入荷とみられ、動作確認ができてないのか
ジャンク理由が書かれていません。
10800円とはヤフオクの本体のみジャンク価格の1.5倍くらいでしょうか。。
悩む。。

スポンサーリンク

一番悩んでいるのは・・・値段だ


こういう時
『悩む(迷う)理由が値段なら買え』という言葉がありまして。
連れて帰りました。
私には香川県のレトロゲーム機を救出したいという物欲思いがあるのです。

SUPER CD-ROM2(スーパーシーディーロムロム)とは?

いいジャンクPCは無いかと立ち寄ったハードオフ高松桜町店にて IFU-30A 初代系PCエンジンのCD-ROMユニットですな このユニットとCDドライブ、PCエンジン本体がそろって PCエンジンCD-ROM2システムになります ACアダプタなし動作未チェック5400円

PCエンジンまわりのハードは非常にややこしく
まずこの記事で直したのがSUPERが付かない無印CD-ROM2として
発売されたマシン。
家庭用ゲーム機で初めてCD-ROMを採用したマシンと言われています。

今回のSUPER CD-ROM2はその後継にあたり、違いはRAM容量で
無印が512Kbだったのに対し2Mbまで拡張されています。
これによりさらに大容量のデータを一括で読み込めるようになりました。

当然、無印ROM2ではSUPERのゲームは遊べませんが
ハードごと買い替えになるのかというとそうではなく
システムカード(BIOSとRAMが入ってる)をSUPER SYSTEM CARD
買い替えるだけで無印もSUPERと同等機になります。
この辺は拡張性をウリにしたPCエンジンならでは。

状態が非常にいい


今回入手した個体ですが、非常に状態がいい。
目立つ傷は全くなくフタの開閉も良好。


ACアダプター・説明書も付属。
そしてジャンクで出回る際、高確率で欠品している
PCエンジン本体(コアマシン)に給電するためのケーブルもしっかり付属。
当時のアンケートはがきも入ってたので箱以外は完品ですね。

フタを開けたところ。
ホコリやピックアップの曇りも一切なく、ピカピカでした。
大切にされていたものと思われます。
動けば極上品と言って良く、10800円は高いとは思いません。

ジャンク理由不明!動作確認をしていく!


まずコアマシンであるPCエンジンを接続。
ちょうど余ってたコアグラフィックス2の嫁になっていただきましょう。
ロゴの色が同じで統一感があっていいです。

このヤドカリのような独特のフォルムがたまらない。


初代系PCエンジンにつなぐ場合、付属の給電ケーブルを接続すれば
ACアダプターは1つでOKです。
この辺りはちゃんと考えられていますね。
メガドライブはどうしてああなった


AVケーブルはPCエンジン本体用のを流用し
SUPER CD-ROM2側のコネクタに差します。
コアマシン側のコネクタにつなぐとCD音源がモノラルになってしまうとのこと。

RGB出力はもちろん無いので必要に応じて改造してやらないといけません。


こいつにはシステムカード3.0と同じBIOSと2MbのRAMが内蔵されていて
コアマシンに繋ぐことでPCエンジンDUOと同じ仕様になるので
アーケードカードを使う場合、アーケードカードDUOでOKです。
無印CD-ROM2の場合、BIOSとRAMを搭載した
アーケードカードPROが必要になります。


電源オン!
システムは問題なく立ち上がり・・・


ゲームも立ち上がりました!
読み込みも快調です!

・・・しかし、音がガビガビである。
音が非常に小さく、ノイズ混じり。
10分ほど通電したらかなりマシになるという症状。

我が家には数年前にリンク先のnaokit氏よりいただいた PCエンジンDUOがあります DUO自体は昔持ってて本体だけ手放したため ソフトのみが数本あるという状況でしたので ありがたくいただきました

しかしPCエンジンDUOと同時期に発売された同等仕様のハードなので
同じ音声に不具合を抱えているであろうことは想定内。
壊れている方がこのブログのネタ的には助かります。

コンデンサ交換で修理を試みる

まずは分解


調べてみるとやっぱり同じ故障の個体は多いようで
コンデンサ交換で直ることが多いようですね。
つーわけで分解。

裏面のねじを外す。
T10のトルクスになっています


2本ほど奥まっている場所にネジがあり
いつも使ってる右側のレンチでは太くて入らなかったので
予備として買ってた左側のレンチを工具箱から発掘。
備えあれば憂いなしとはこういうこと。


ネジを外せばすんなりフタが開きますが
CD扉の開閉を認識するスイッチが付いてる基板がケーブルで繋がってるので
ケーブルを切らないように固定爪を外す。


内部。
シールド板で囲まれてますね。


ドライブユニットはねじ1本と黒いピン2本を抜いて
コネクター3個を抜けば外れます。
青いボリュームはピックアップ調整のため、調整をするのでなければ
絶対に触らないようにしましょう。


ピックアップはKSS-210Bでした。
Aliexpressで入手可能ですので万が一の際はお世話になるかと思います。


裏面のシールド板を外します。
これを外さないとラジアルリードのコンデンサが交換できません。

ハンダ付けをハンダ吸い取り器で外すと簡単に外れます。

音声周りのコンデンサを交換


この機種は二階建ての基板のコンデンサを交換するのがセオリーとのこと。
写真は2階部分を外したところ。

なるほど、オペアンプの4558や沖電気のADPCMチップが密集しているので
音声周りの回路で間違いなさそうです。


二階部分にも4558と音声のミキシングICと思われるものが。
表面実装コンデンサがたくさんついています。


この部分、かなり狭くラジアルリードタイプのコンデンサを付けるときは
取り回しを工夫しないと干渉します。
同仕様の小型のコンデンサを使用したほうがいいですね

交換した結果・・・
変化なし(´・ω・`)
コンデンサですが漏れてる感じはなくきれいだったので
原因は別の部分かもしれません。

シールド板下のコンデンサを交換


部品面のシールド板を外し、その中にあるコンデンサを交換。
しかし、ここも漏れてる感じはなくきれい。
交換した結果・・・
変化なし(´・ω・`)

犯人は電源周りだった!?


電源のヒートシンク周りの電解コンデンサを見ると
なんか漏れてるっぽい・・・

外そうとしても液漏れを食らってるハンダの溶けないこと!


苦労して外してコンデンサを確認すると・・・
下部がぷっくり膨らんでますねぇ・・・


こいつらを交換したところ
力強く音が鳴るように!
電源や読み込みが安定しているので見落としていました。

しばらくエージングした後、組みなおしてこれにて修理完了としました。
そのうち全交換しようと思います。

PCエンジン関連記事。こちらもどうぞ

我が家には数年前にリンク先のnaokit氏よりいただいた PCエンジンDUOがあります DUO自体は昔持ってて本体だけ手放したため ソフトのみが数本あるという状況でしたので ありがたくいただきました
最近Twitterでフォローしたハードオフ宇多津店の公式アカウントより このようなツイートが。。
9月末のこと ハードオフ高松桜町店にてPCエンジンDUOがジャンクで売られていました 状態はソフトを入れて電源を入れても白い画面しか出ないとのこと コントローラー、AVケーブル、ACアダプターは揃ってる。 前回のPCエンジンDUOよりも状態が悪く、より高いため あまり買う気はなかったんですが店員さんに言って開けてもらい通電テストをしました ・通電チェックコーナーの備え付けのTVに映そうとしたが全く映らない ・スタートを押してもピックアップに全く反応が無い ガチジャンクと判断し、その日は当然買わずに店を後にしました
いいジャンクPCは無いかと立ち寄ったハードオフ高松桜町店にて IFU-30A 初代系PCエンジンのCD-ROMユニットですな このユニットとCDドライブ、PCエンジン本体がそろって PCエンジンCD-ROM2システムになります ACアダプタなし動作未チェック5400円
先日復活させたDUOですが、ひとつ残念な点が。 それは映像出力がコンポジット(黄色のプラグのアレ)しかない事。 公式でコンポジットしか対応しておらず、ケーブルを用意したら RGB出力ができるなどといった軟弱なゲーム機ではありません
PCエンジンDUOのメンテナンス中に ヘッドホンの音量を調整するボリュームが取れていることに気がつきました。 ギザギザのついた円盤が付いているはずなんですがもげてどっかに行ったようです 音は常にMAXの状態ですが出るんで 使えなくはないんですがこの際修理することに。
PCエンジンDUOはCD-ROMを使ったゲームなので ディスクのピックアップはいつかヘタって死亡します うちのDUOもちょっとピックアップが劣化してて製品版CD-ROMは読むものの バックアップCD-Rの読み込みで止まる事が多いので ピックアップを交換してみることにしました
今回は以前ハードオフで拾ってきたPCエンジン・コアグラフィックスIIに RGB出力を増設しようと思います
年始にポチってたこいつがようやく到着しました


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする