エポック社スーパーカセットビジョン2台目!通電不可ジャンクの修理

スポンサーリンク


ハードオフ伊予三島店にて
スーパーカセットビジョンが5500円。
動作未チェックとのこと・・・

スポンサーリンク

2台目のスーパーカセットビジョン

ハードオフ宇多津店にて エポック社のスーパーカセットビジョンがジャンクコーナーに置かれていました 状態は動かないとのこと 私の記憶が正しければ宇多津店に 2年くらい前から動作品の棚のところにあったものと思われるが 長く売れ残りその間に壊れたものと思われる 動作せずで4320円だけど動作品として売られてた頃の値段が 21600円だったと思うので十分安い。 セットになってるネビュラのカセットだけで1500円はするはず。

スーパーカセットビジョンは以前1台入手しており、その時も不動品を修理したので
万一動かなくても何とかなるだろうと踏んでちょいと悩んだ末ゲット。
最悪、コントローラーなどの部品取りにできればいい。


マニュアル付きでアンケートはがきまで入っていました。
無くてもいいんですが当時モノとしてあるとうれしいです。


前回の個体では社外品だったエポック社のロゴ入りRFスイッチが付属。
ACアダプターは残念ながら代替えとしてファミコンのものが付属。


モニターがホコリだらけで汚いですが自作したRGBケーブルでテスト。。。
しかし電源入らず!

とりあえずバラしてみました。

故障個所を探る。


前回の個体での故障原因だったこの2200uF 10Vのコンデンサは問題なし。


さて困ったぞ・・・と思ってふと電源コネクタを見ると・・・
なんじゃこりゃ?
なにやら電源コネクターのパーツに細い針金が巻き付けられていました。
田舎のじいさんの家の工具箱付近に転がってそうな年季の入った針金です。。
明らかに前の持ち主の仕業と思われます。
幸い、ショートはしていないようでしたが・・・


針金を外すとGNDが繋がってる金具がポロリと取れました。。。
何らかの原因でモゲたので前の持ち主が針金で縛りつけて強引に固定していたようです。

バカですか?

当然、そんなものでちゃんと通電するわけもなく・・・

バブルラジカセに手を出してみるテスト バブルラジカセとは80年代~90年代の やたら金のかかった作りのラジカセのことを言うそうです 今回入手したのはパナソニックのRX-DT99 1990年の製品のようで28年も前の製品なんですねぇ 当時の定価は64,500円だったとか ハードオフでやたら存在感があったので回収してきました 状態はCDトレイ開かない、カセットは再生OKで1080円 コブラトップという上部の操作パネルは ギアが空回りしてるような音がして電動開閉が動かず

前の持ち主が意味不明の修理をしているケースはまれにあり
ハードオフジャンクの楽しみのひとつとも言えますが
それが取り返しのつかないことになってるとシャレになりません。

電源コネクターの修復


原因が分かればちゃんと通電するように修復します。
リード線をセンターピンと繋がってる穴に突っ込み、ハンダを流し込み固定。
ちゃんとセンターピンとの導通と赤い配線とショートしていないのを確認。


GNDの配線に絡ませてハンダ付け。
軽く引っ張って抜けないのを確認。


この時点で動作チェックしてみます。


見事立ち上がり、カセットが入っていないときの風船パターンが表示されました。

スーパーカセットビジョンは128個ものスプライトが表示できると
パッケージに書いていますが、その機能をフルに使ったゲームは存在しないとかなんとか。。


手持ちカセットも起動OK。
コントローラーも正常に動作したためこれにて修理完了。

前の個体よりコントローラーの黄ばみも少なめで状態も良さげなので
こちらは予備として保管しようと思います。

よろしければシェアをお願いします

フォローする