かつて人気だったポータブルオーディオ達

スポンサーリンク

IMG_20190201_104302.jpg
CDウォークマンとパナソニックのカセットプレイヤーが
ジャンクでありました

スポンサーリンク

ソニー CDウォークマン
電源入らずもあっさり復活

DSC_3557.jpg
324円で電源入らず
2000年代に入ってからの代物のようで
お金をかけて作られた機種のような高級感はありませんが
ソニーがこの手のものを作らなくなったので今となっては貴重かと

DSC_3558.jpg
電源が入らない原因は電池の液漏れでした
しかし、できる限りきれいにしたところ・・・

DSC_3559.jpg
電源が入り再生OK
最初、本体ボタンが反応しませんでしたが
ホールドスイッチが入ったままでした
動作しないというジャンクはこれがたまにあるので
スイッチをさがしたりHOLDとか書いてるボタンを長押ししてみたりを
試しましょう。。

DSC_3561.jpg
中にはCDが入ったままでした
リモコンもついてたし324円はお得でした

パナソニック カセットプレイヤー
再生できずジャンクの修理

DSC_3562.jpg
パナのポータブルカセットプレイヤー
テープレコーダーとは違い再生専用で
若者向けのためデザインがいいです
傷もほとんどなくほぼ新品のような感じでした
324円

DSC_3564.jpg
貴重なガム型電池や充電器
乾電池ボックスが付属。
残念ながらリモコンは欠品ですが最悪オクで入手可能です

ガム型電池は充電してシャープのMDプレイヤーでテストしてみたところ
7時間ほど連続再生できたのでそこそこ容量は残ってるようです

DSC_3565.jpg
中はきれいですが再生せず
この手のものが生きてるとは思わないので修理前提で
作業を進めます

分解はハンダ外しが必要でちょっと面倒

DSC_3567.jpg
ねじを何本か外し電池カバーを抜き取ればカバーが外れます

DSC_3568.jpg
基板はねじを外しただけでは外れず
はんだ付けを外さないといけないようです
ここでもハンダ吸い取り器が大活躍

DSC_3571.jpg
ベルトがベロンベロンに伸びてたので
新しいベルトを装着。
0.5mmの太さというなかなか手に入らないベルトでしたが
オクで入手

スイッチを折っちゃったお
(´・ω・`)

DSC_0116 2
組み戻す際、フォワードリバースの切り替えのスイッチを
折ってしまったのでAliで入手。

DSC_0117 1
しかし困ったことにオリギナールのスイッチは
ヌルヌルうごくボリュームのようなスイッチなのに対し
入手したスイッチはカチッカチッとうごく硬いスイッチのため使えません
1センチにも満たないスイッチを分解し中の板バネを除去し組みなおすことで対応
まだ動きが硬かったので中に接点復活剤を塗りました

DSC_0118 2
元通りはんだ付け

ちょっと難ありだけど再生できるまでに復活!

DSC_0119 2
動作は・・・
フォワード側は問題なし
再生ボタンを押したときのリバース側の切り替えがうまくいかないことが多い
(テープ終了時のオートリバースは必ず成功する)
まあ、使えないこともないのでよしとしましょう

よろしければシェアをお願いします

フォローする