VICTOR カセットデッキ TD-WR531 修理

スポンサーリンク

DSC_3451.jpg
ビクターのカセットデッキ
TD-WR531
Bデッキ再生時テープがからまるというジャンク品で1080円
Aデッキは再生可で音もクリアでした

DSC_3452.jpg
どうせ巻き取りローラーのベルトが切れてるんだろ?
舐めてかかってたらそのようなベルトは無く。。。
キャプスタンと巻き取りのモーターが独立してる贅沢なつくり。

とりあえずデッキを摘出してみる

DSC_3489.jpg
裏板が外せるのでメンテ性は高そうですね

DSC_3490.jpg
ネジを4つ外すとユニットが外れました

DSC_3491.jpg
巻き取らない原因はアイドラーのギアが欠けて空回りしているという。。
あとからググって知りましたがビクター機で定番の故障のようです。。

DSC_3492.jpg
定番の故障ということは修理方法も確立されてることが多いわけで
こちらを参考に京商のラジコンのギアを取り寄せ。

DSC_3493.jpg
セットのうちの一つがぴったり合うようです
軸穴が小さいので2mmのドリルで拡張しました

DSC_3494.jpg
すごく…ぴったりです
巻き取り不良は改善しました

DSC_3498.jpg
ヘッドを磨いてもやたら音がこもってて直らなかったんですが
リバース側にして原因が判明。
リバースにするとヘッドが中途半端な位置で止まって音が出ない

DSC_3496.jpg
ヘッドの回転機構にあるバネが外れていました
運よく筐体内に転がってたので付け直しました

DSC_3497.jpg
Aデッキの方。
本来こんな感じでバネが付いてないといけません

DSC_3499.jpg
バネを付け直したら無事、きれいに回転しきるようになりました
フォワード側もバネの押さえが無かったせいでヘッドが動いて
アジマスが狂ったせいで音がこもってたんでしょうね。。

DSC_3495.jpg
音もクリアになり、完全復活。
クイックリバースでメカ音も静か

家がカセットデッキだらけになりつつあるので
ここいらで本命を入手してカセットデッキ収集は終了したいところ。。
メンテの難易度が高そうですがソニーのESシリーズあたりが欲しいですね。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 昭和の風 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも楽しく見させてもらってます。

    記事の関連じゃないんですけど

    僕は徳島市内在住で
    僕もハードオフなど巡るのが好きなんですが、ハードオフ沖浜店で超大量のPCエンジンソフトが販売されてました。
    ソフトもマジカルチェイス(初期版)からプレミアソフトがずらりと並んでて平成最後の良い目の保養になりました!

    ただ、なんだか嬉しくて伝えたくての報告です。

    それでは失礼しました。

  2. §( ´_ゝ`)§ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    明けましておめでとうございますー
    沖浜店は一回だけ行きましたねぇ
    遠いのでなかなか行く機会がないですが前回行ったときは
    PCエンジンのソフトはなかった気がするので最近入ったんでしょうね