(一部で)話題のセリアのミニチュア光る看板をオリジナル看板に改造しよう!


こんにちは、子供のころから光るオモチャが大好きなプンソン(@setsuhiwa)です。
今回はTwitterで話題に上がった100円ショップのセリアで売っている
ミニチュア光る看板で遊ぼうと思います。

この記事は動画版があります


Youtubeチャンネルであるジャンクハウス・プンソンではブログの延長として
購入したジャンク品の紹介や修理、新品で購入したもののレビューなどもやっています。

ブログを見てくださっている方で登録がまだの方は
是非
チャンネル登録(無料)・高評価・SNSでシェアを
お願い致します。

チャンネル登録はこちらをクリック!

各部を見ていく


Twitterで話題になったので気になってセリアに行ってみたら普通に売っていました。
全3種類のようで一つ110円。


コンビニ風、喫茶店風、ジュースの看板?
レトロな雰囲気が出ていますね。



タグ?
説明書きがあり、それによりますと寸法は
44 x 30 x 72mm とのこと。

製造は山田化学株式会社
ググってみると100均で見かけるようなプラスチック製品を作っている会社のようですね。


背面に蓋とスイッチがあります。
蓋をスライドさせると・・・(ちょっと硬い)


電池を入れるスペースが出てきます。
電池蓋をスライドさせるときに勢い余ってスイッチを折ってしまいそうなのが怖い。


基板はシンプルでスイッチと抵抗とLEDチップのみ。
万が一終売したあとのメンテも簡単ですね。


電池はLR44が2個必要。
こいつもセリアに4個入りで売っていますので買っておきましょう。


電池は置く感じで固定はされません。
(蓋で押さえる感じ)


スイッチオンで見事光りました!
LEDが1灯なので中央だけ光ってる感がありますが110円なのでそこは我慢。

オリジナル看板を作る


これでも十分楽しいですが、Twitter上では印刷を消して
自作したステッカーを貼って自作看板を作ってる方が多かったので
私もこのビッグウェーブに乗ってみようと思います。


もともとの印刷ですが、無水エタノールでふき取ることであっさり消えました。
除光液のような塗装が溶けそうな液体でもいいと思います。

created by Rinker
健栄製薬
¥1,252 (2022/05/25 09:48:43時点 Amazon調べ-詳細)


無地になりツルツルになりました。
もうこの状態で売ってほしいところです。


端が湾曲しているのでステッカーが貼れるのは正味のところ
30mm x 45mmのサイズと言ったところでしょうか?

ステッカーは透明フィルムのラベル用紙を購入しました。
今回お店に無かったのでA4サイズを買いましたがはがきサイズで十分でしょう。

透明を使うか白色を使うかはお好みで。
透明は光を透過しやすいが貼り付け面の色に影響される。
白は汎用性が高いが光が透明よりも透過しにくい。

光が透過しにくくなりますが扱いやすさ重視なら
普通の紙ラベル用紙(薄めの奴)でもいいかも。


画像の作成は私がブログやYoutubeのサムネを作るときに利用している
Canvaというサイトを使用しました。

こちらは画像や文字を組み合わせてオリジナル画像を作成でき、基本無料で使用できます。
(機能や素材が多い有料のPro版もあり)


そして出来上がった画像がこちら。
デザインセンスがないのはもう諦めています。

画像サイズは300×450ドットもしくはその倍数で作成するとよいです。
自分は1200×1800で作成しました。


こいつを一枚あたり30mm x 45mmのサイズになるように印刷します。
サイズ指定が簡単にできる画像ソフトがあるといいですね。
(画像はIrfanViewの印刷画面)


横一列に並べて印刷しました。
フィルムラベルは乾くのに時間がかかるのでしばらくは印刷面に触らないように。
これをカットして貼り付けます。


このラベル、粘着力がかなり強力ですので貼り直しはできません。
失敗しても大丈夫なように複数枚印刷しておきましょう。
ちょいと空気が入っちゃいましたが完成です。

光るオモチャは楽しい


並べてみると結構違和感がない。
(カメラ越しではちょっと微妙ですが肉眼ではそこそこきれいに光ってます。)
これから動画を撮影するときに作業台の端っこにでも置いておきましょうかね?

今回の看板は110円と購入しやすい価格でミニチュアが好きな方にはお勧めですね。
セリアにはほかにもいろいろなミニチュアが売ってるのでまた手を出してみたいです。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。