2022年・新年のご挨拶と2021年12月戦果報告

2021年・新年のご挨拶と2020年12月その他戦果
みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もジャンク漁り・修理・買ったモノ報告や案件など
ブログ記事や動画にしていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

この記事は動画版があります


Youtubeチャンネルであるジャンクハウス・プンソンではブログの延長として
購入したジャンク品の紹介や修理、新品で購入したもののレビューなどもやっています。

ブログを見てくださっている方で登録がまだの方は
是非
チャンネル登録(無料)・高評価・SNSでシェアを
お願い致します。

チャンネル登録はこちらをクリック!

2021年12月ジャンク戦果

CDケース


細々したものですがハードオフ新居浜西喜光地店にて110円。


8枚しか入らないんですがしっかりしていて気に入ったので購入。
去年買ったドラクエのCDのバックアップを入れておこうと思います。

ニンテンドースイッチのドック


充電だけでなくUSBハブやオルタネートモードを使ったHDMI出力のための
機能が付いているのでジャンクでも2000~3000円程するスイッチのドック。
今回はハードオフ高松桜町店で1100円でしたので確保。


よく見たら裏蓋が無かったんですがまあ、問題は無し。


ちゃんと映って充電もされましたので普通に使えそうですね。
あとは充電器を探しましょうか。。

地デジの室内アンテナ


テレビの卓上アンテナ。
ハードオフ新居浜西喜光地店で550円でした。

この手のアンテナは家電量販店で売っていて『これいいじゃーん』と買ってしまう方が
続出していますがテレビ関連で買ってはいけない罠アイテムです。

強電界地域というテレビ電波の中継局が近所にあり電波障害になる建物が
近くにないというかなり条件のいいお宅でなければ安定して映りません。


我が家はある程度条件を満たしているので何とか映りますが方向が絶妙な感じです。
私の部屋はなぜかアンテナ端子がないので550円ならという感じで買ってみましたが
ジョークグッズのような扱いですね。

ソニー電子辞書 DD-S35


電子ブックリーダーという感じの商品。
8センチCDが入ったカートリッジをセットすると辞書などが利用できます。


昔のゲームや映画なんかはこんな感じの光ディスクがキーアイテムとして登場して
近未来感を出していましたね。


電源は単3電池が2本もしくはDC4.5V入力。


電源は入りましたがディスクを抜いた状態だと何もできず。



ディスクを入れるとこんな感じでわずか数秒で辞書の画面に進みました。
読み込みはかなり早い。


辞書を引いてみましたが普通に利用可能。
文字を打っていると先読みしているのが『ギャーギャー』と
ピックアップがシークしている音がします。(音は小さめ)


液晶はゲームボーイ的な感じのモノクロ液晶ですがなんとバックライトが付いている。
スイッチでオンオフ可能で暗くても見やすいです。

2000年発売の最終モデルのようで当時43800円だったとか。
これはなかなかいいものですね。

カートリッジに入ったCDの電子ブックは面白そうなので
ジャンクで見かけたら購入してみようと思います。

マクセル BDプレイヤー BD-PL100


新居浜西喜光地店にて。
トレイが開かない、550円という買うしかない品でしたので確保。

リモコンがないのでちょいと不便ですが大手メーカーのなので
HDMI連動でいけるかな?

後日メンテナンスします。

その他買ったもの

メタルギアソリッドV


Steamセールで購入。
ちょっとプレイしたんですが3D酔いしまくって気持ち悪くなったんで終了。

視点がやたらグラグラ揺れるゲームは無理ですね。。
PS1の初代メタルギアソリッドくらいの3Dなら大丈夫なんですが。
(天誅はダメだった)

ソフィーのアトリエDX


こちらもSteamセールで。
無印をPS4で持ってた気もしますが・・・

この手のゲーム、全然遊ばないで積むんですけど安かったら買っちゃうんですよ。

GPDWINMAXでは1280 x 720設定で60FPSだいたい出ているようです。
元がPS3でも出ていたのゲームですので軽めですね。

ライザのアトリエ


こちらもSteamで50%OFFだったかな?
こっちはPS4世代のゲームなので重い。
GPDWINMAXでは1280 x720の一番軽い設定でも20~30FPS。

GTX1650のマシンでも1920 x 1080最高設定だと45FPS程度しか出ず重い。

RTX3070のメインマシンなら4K設定でも問題なし?(OP後のみ確認)

もうゲームを買う理由がPCのベンチマーク目的になっていますね。

ネオジオポケットカラーセレクション


これもSteam版で。
ネオポケカラーの主要なゲームがまとまった一本。
SNK VS CAPCOMは入っていませんが単体で出ています。

ネオポケのゲームはキャラを育成したりイラストのカードを集めたりと
やりこみ要素が多いので一人プレイでも長く楽しめました。

ネオポケはすぐカラーがでてユーザーがブチキレたとかネットでよく見ますが
当時はGBにしろWSにしろ『モノクロ版→カラー版という流れが当たり前』だったので
全く疑問に思わずそれぞれ発売日に買っていましたね。

当時は身も心も金もSNKに捧げた信者だったので即カラー版が出るのは
むしろうれしかったですな。

ゼクセクス


1991年のコナミのシューティングゲームですがアーケードアーカイブズで移植され
お布施としてSwitch版とPS4版両方買いました。

関係ないのにPSP版の沙羅曼蛇ポータブルに入ってた謎のゲームというというのが
一般的な印象かもしれませんが私はアーケード基板を買うくらいには好きですね・・・

グラフィックはとにかくきれいですしシューティングゲームとしての完成度も高い。

なによりラスボスのキャラが濃い!

ご訪問ありがとうございました。
よろしければブログのほかの記事も読んでいってください。

ジャンクハウス・プンソンのチャンネル登録はこちらから!
(Youtubeチャンネル登録は無料です)

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。