コインスナック御所24を紹介!レトロ自販機が現存する聖地!

スポンサーリンク


私が月に1回程度、徳島のハードオフ巡りをする際に
必ず寄るスポットがあります

それが、コインスナック御所24です
今回はこのスポットを紹介します。

スポンサーリンク

コインスナック・自販機ドライブイン


昭和の時代にはたくさんあったようですが
飲み物や食べ物の自販機がたくさん置いてあったり
ちょっとしたゲームコーナーがある休憩所のようなところです。

コンビニがたくさん建つ今の時代は需要が少なくなり
つぶれていく一方なため、貴重なスポットと言えるでしょう。

アクセス


場所は徳島県阿波市。
猪鼻峠から徳島に入った場合、12号線をひたすら徳島市方面に進み
ハードオフ徳島アワーズ店を過ぎて少し進んだところ。

私の家からだと1時間30分ほど車で走らないとたどり着けません。

国宝級!?異彩を放つカレーの自販機!


カップヌードルやお菓子の自販機、1000円ガチャなどが並ぶ中に
日本でここにしか現存していないといわれる自販機があります。

それがカレーライスの自販機です。

早速買ってみましょう。
500円玉や1000円札といった軟弱なものは使用できません。
300円を入れてボタンを押すと一瞬でガタンと落ちてきます。
内部ではヒーターで温かく保温されているようです。

中辛と辛口がありますが、人気なのかどちらかは売り切れていることが多いです。

こういうのって初めて買う際にはかなり勇気がいると思うので
複数人で行くといいと思います。。

レトロ自販機の代表!うどんの自販機!


もう一つ、ここにはうどんの自販機があります。
こいつは全国的にもそこそこの台数が現存しているようで
四国では愛媛や高知の方にもあるようです。
うどん屋が大量にある香川県では見たことがありません。

こちらも購入してみましょう。
お値段250円。
レトロ自販機ですがなんと新500円玉に対応しています。
てんぷらときつねが選べます。

ボタンを押すとタイマーが表示され25秒でうどんが出てきます。
25秒で内部ではうどんのお湯切りやダシの注入がされるようです。
備え付けのハシと七味唐辛子でいただきましょう。

イスとテーブルもあり!


このスポットは『ゲームセンターCX』でも紹介されており
有野課長が座ったのがこれ。


窓の外からの眺め。

夏場は超暑いので注意。


ゲームセンターCX ベストセレクション Blu-ray 緑盤
『たまゲー in 四国〜徳島・香川編』ディレクターズカット版』に
収録されていると思います。
四国四県のを見たかったら赤盤も買わないといけません。

そのほか、たまにスカパーで再放送されます。

カレーとうどんをいただく。


ここへ来た際はいつもこのカレーとうどんの組み合わせを
いただくのが習慣になっています。
この量で550円とリーズナブル!
単純にカレーとうどんが食いたかったらすぐ近くにコンビニや
スーパーがありますが、雰囲気を楽しむのがいいんです。


カレーの包みを開けると中からレトルトのカレーが。
昔はボンカレーだったようですが
様々な事情で現在は咖喱屋のパックになっています。


レトルトパックの下にはフードパックに入った温かいごはんとスプーン。


カレーをごはんにかけていただきます。
味は普通にレトルトのカレーです。
ごはんとルーの量のバランスはなかなか良い。


うどんはスーパーで1玉30円~40円で売ってるパックうどんっぽい感じの食感。
油揚げはなかなか分厚い。
ダシは透明度の高いあっさり系。
熱すぎずぬるすぎずといった感じで猫舌の私も一気に食べられます。

一時期、ダシが溢れるほど注がれる不具合がありましたが
先日行った時には直ってたみたいです。

ゲームコーナーもあり


自販機コーナーの隣にはちょっとしたゲームコーナーが。
両替はここでできるようです。
中にはアストロシティが10台くらい?並んでて
パズルゲームやマージャンゲーなどが入っていました。

ちょいとメンテに難があるようでレバーが重かったです。。

いろいろ楽しいスポットです


手袋の自販機もあり。。
トラック運転手などが買うのでしょうか?

こういったレトロ自販機というのは根強いファンが多く
これを目当てに遠くから来る人も多いようです。
末永く営業していただきたいですね。

よろしければシェアをお願いします

フォローする