車の中でPCを充電するケーブルを購入した

現在、仕事の休憩時間を使ってブログ執筆作業をしているんですが ちょっと前に購入したiPadとキーボード付きカバーを使用していました しかし、車内で膝の上において作業するには安定感がなく キーボードもペコペコとたわむ為、やはり適度な大きさの ノートPCを専用で用意しようと思いました。

以前紹介しましたが、私は車の中にレノボのノートPC、Thinkpad X220を常備して
出先でのブログ編集やハードオフで入手したPCアクセサリーの動作チェック用として
使用しています。
しかし、ノートPCで気になるのはやはりバッテリー。

車内での充電を快適にしたい


現在、車内での充電はこのように100V変換のインバーター(定格出力150W)を
使用し、それに純正ACアダプターを挿して充電するという
極めて効率の悪いことをしております。
(DC→AC→DCと変換が入る)

また、このインバーターは高出力なのはいいんですが
デカくて重く、シガーソケットから抜けやすい。
また、冷却ファンがプォォォンとうなり声をあげて回るのでうるさい。
まあ、車内でのジャンク品の動作チェック用にかなり使えるんですが。。


というわけで、シガーからダイレクトにPCを充電できる
電圧変換ケーブルを購入しました。

各部を見ていく


内容はケーブル本体、いろいろなメーカーに適合するようにする変換ソケット。
写真には写ってないですがマニュアル。


今回購入したものは標準サイズのシガープラグからケーブルが40センチ程度伸びており
丸くて平べったい電圧変換部がありさらにケーブルが伸びて先端はソケットを
差し換えできるような形状になっています。


電圧変換部にはUSB端子があり、2.1Aの出力が可能とのこと。


電圧は15Vから20V、90Wの出力が可能なようで
電圧は対応するメーカーのソケットに差し替えることで自動で変更されるようです。
これは電圧を間違える心配がなく便利ですね。


対応メーカーはこちら。
ちゃんとレノボの20VのPCにも対応していますね。

動作チェック!


では早速、レノボの20V対応のプラグに差し替えて実際に使用してみます。
今回はThinkpad X220ですので丸形のプラグを使用しましたが新しめの世代の
四角いプラグも用意されていて差し替えで対応できます。


車のシガーソケットに差し込みます。
プラグサイズは標準的な大きさですので隣と干渉したりはしません。
ちょっと差し込む時が固めでしょうか?
通電すると青色のLEDが光ります。


PCに接続。
プラグがL字になっていますので取り回しが楽ですね。


無事、充電開始しました。
満充電まで使用してみましたが、出力が不安定になることもなく
表示されている時間で充電完了しました。
充電中は電圧変換部がかなり熱くなるので可能であればエアコンなどで冷却すると
長持ちするかもしれません。

というわけで今回購入した充電アダプターはなかなか便利な代物でした。
耐久性は不明ですが、車内でのPC使用やジャンクPCの動作チェック用として
活躍していただこうと思います。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。