新年からリサイクルショップでジャンクHDDを買った結果



新年1月1日は寝て過ごそうかなと思っていましたが
ふと遊んだXEXEXのランキング画面後のおみくじで大吉を引いたため
何かいいことがありそうと思い外へ出てみることにしました。


元旦から空いてるリサイクルショップたち

ハードオフはハズレ


今年はハードオフが元旦から開いているのを知ってたので
近い丸亀店と宇多津店に行ってきました。
今年もよろしくお願いします。

。。。しかし、これといったブツは無く退散。
一応、宇多津店はジャンク10%引きをやっていましたがいかんせんモノが無い。

お宝市番館へ。


帰りに寄ったお宝市番館にて。
『回復パテありジャンク』という謎のHDDが数個並んでいました。
・・・回復パーティーションとはWindowsの所謂リカバリ領域のことであり
初期化をかけるときに必要なデータが入っているパーティーションになります。
つまり、メーカーPCで任意で消さなければあって当然のモノでありこれが理由で
ジャンクになるというのはあり得ないことです。

これはチェック担当があまり知識がなく、不良セクタや代替済みセクタと
回復パーティーションを混同しているのではないかと踏んで購入してみることに。

リサイクルショップのHDDはやはり危ない

東芝のHDD


購入したものは東芝の750GBのもの。
2280円でしたので、動作に問題がなければ安いです。
HDDの中古は買わない派ですがジャンカー的にはネタとして買いたくなりました。
東芝のものはシーゲートのものよりはマシでしょうし。


MK7575GSXという型番で、2012年5月ごろ発売の代物のようです。
ちょうどWindows8が出る直前くらいですね。
このころのPCはWindows7と8が混在していてWindows7のPCを購入した人には
Windows8のアップグレード版が激安で購入できるというキャンペーンがあり
私は2000円くらいでWindows8のライセンスを買った記憶があります。
また、パッケージ版も期間限定で激安で販売されていました。

異常はなかった


外付けケースに入れて繋ぎ、ディスクの管理でチェック。
OEMパーティーションなどが残ってるのでどうも
Windowsのエクスプローラー上で見えるプライマリパーティーションだけを
フォーマットした状態っぽい?

まさかDISK PARTコマンドを知らなくてロックされてるOEMパーティーションが消せず
容量が少なく見えるのでジャンク扱いにしたんでしょうか。。?
(管理者権限でdisk partを起動してcreanかdelete partition overrideで消す必要がある)


Cristal Disk Infoで状態をチェックすると異常なし。
不良セクタすらないというかほとんど使用されてない新品に近いHDDでした。
私は毎日8~24時間PCの電源を入れているので53時間使用のHDDなんて未使用感覚ですね。
これなら普通に使っても問題なさそう。
SATA300というちょっと古い世代のHDDですがまあ、データ庫として使う分には
問題ないと思います。

回復オプションが立ち上がった


適当なPCに挿して電源を入れたところ回復オプションが立ち上がりました。
トラブル解決ナビということは富士通のマシンで使用されていたようです。


そのままリカバリできるかなと思いましたが残念。
富士通のDtoD領域はOSアップグレードなどちょっとのことで使用不可になります。
ジャンク理由は『回復パーティーションはあるけどリカバリできるとは言ってない』
ですかね。。

データ復元ソフトにかける


中古のストレージを買った際、私は使用前に容赦なくデータ復元をかけます。
買った中古業者が如何にデータが入る機器を雑に扱ってるかを知るためです。

PCやカメラを使っていて誤ってデータを削除してしまったり フォーマットをしてしまったりといった失敗をしてしまったという方も多いと思います。 私も以前、カメラで撮影していてサブで首からかけていたカメラのボタンを体で押してしまい たまたまメニューのフォーマットにカーソルが合っていて気が付くと データが消えてしまっていたことがあります。 今回、そんな時にあると便利なデータ復旧ソフト EaseUS Data Recovery Wizardを紹介しようと思います。 

さて、以前レビュー記事を書いた際にメーカー様よりいただいたデータ復元ソフト
EaseUS Data Recovery Wizard Proにかけた結果・・・

出るわ出るわ、元々のフォルダ構成がほぼそのまま復旧できました。
つまり、データ破壊を行わず再販するという杜撰な管理がされているということです。

ほとんど使われてないPCだったようで、ユーザー名(使用者の名前と思われる)と
いくつかのOfficeのデータが出てきた程度でしたが
以前こういったHDDを復元した際に前の持ち主が若い男性と思われる人物で
ネットで見たと思われるエロ動画のサムネ画像や
彼女と思われるハ〇撮り個人を特定できそうな大学の写真やレポートなどと一緒
出てきたこともあり非常に危険です。

PCやその他データが入る機器を手放す際 データ消去はできているでしょうか? よく、『ゴミ箱に捨ててゴミ箱を空にしただけではダメ』とか 『フォーマットしただけでは簡単に復元される』とか聞きますが どれだけあっさりと復元できちゃうか過去の自分の経験から 記事にしてみました

私の経験上、ハードオフは単体で販売している中古ストレージは
ちゃんとデータ破壊を行ってるようでそういったものからは
データ復元ができたためしがありません。
ゲーム機などのSDカードの抜き忘れでたまにそのまま残ってたりすることが
ある程度ですね。(それでも問題ですが)

店員の知識が乏しそうなリサイクルショップは要注意です。
このブログの読者の方はお分かりかと思いますがHDDなどは絶対に売ってはいけません。


Amazonで外付けHDDを探す
楽天市場で外付けHDDを探す
ヤフーショッピングで外付けHDDを探す

併せて読みたい関連記事

家電量販店の独自の保証は各社ごとに条件が違いますので記事にしようと思います。保証には無料で付いてくる保証と金額を上乗せして追加する有料保証がありますが今回は無料で付いてくる長期無料保証のみ比較。
以前、家電量販店の長期保証を比較しましたが 今回は業界最高水準というかほぼ1強状態といっていい ケーズデンキの保証に的を絞って解説してみようと思います。
ハードオフに寄ったついでに近くのPC工房にふらっと寄った結果ごらんのありさまだよ!
------スポンサーリンク-------
NEC PCが安いアウトレットセールはこちら
-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。