小型HDMIモニター EYOYO EM12Xをジャンク購入!動作確認など



今回はハードオフ新居浜西喜光地店にて購入した
小型モニターEYOYO EM12Xを紹介します。

小型HDMIモニター


お値段は3300円でした
EYOYOという聞いたこともないブランドだったんですが、調べてみると
こういったミニモニターやカメラ用品を販売しているところのようですね。

微妙な値付けなんですがもともと1万円くらいする代物のようですので
使い道は後で考えるとして確保しておきました。

各部チェック


大きさですが、11.6インチのようで一昔前のモバイルPCに使われていた
液晶の流用っぽいですね。
小さすぎず大きすぎずといった感じです。
屋外での使用を想定しているのかノングレア液晶なので映り込みが無いのもいい。

筐体は金属製?のようで中華DVDプレイヤーのような安っぽさは無くしっかりとしています。


インターフェイスですが、左から電源端子(12V2A)、VGA端子、HDMI端子、
コンポジット端子、音声入出力端子、USB端子、BNC端子。

AV機器やPCは一通りつなげそうな感じですね。
BNC端子はコンポジット映像なのかな?
マニュアルが無いのでよくわかりません。

ネジで角度を固定できる脚があるんですが安定性がイマイチのようでグラグラします。
脚はカメラ三脚と同じネジ穴で固定されているのでミニ三脚を使っての使用も可能かなと。

操作チェック


電源コードを差して電源オン・・・

なんか画面赤ッ!?

どうも液晶の表面層が劣化して変色してきているようです。
まれにこんな感じで画面が赤く変色してるノートPCを見かけます。。


とはいえ、全く使えないレベルでもないので色補正をしてみることにします。
この機種、もともとはリモコンがついていたようですが今回は欠品。
ですが本体ボタンで一通りの操作は可能でした。

ただ、本体ボタンだと←ボタンが決定だったりとかなり独特のキーアサインで
操作がしにくいです。


全体的に赤いので赤を0にしてそのほかの色をほどよく上げました。


なんとか白が白っぽく見えるようになりましたね。
ノートPC用のパネルが安く買えたら交換してやろうと思います。


入力切替ボタンでソースを選べます。


VGAでパソコンの映像を映してみました。
設定で4:3と16:9の切り替えが可能ですので昔のPCの映像も安心です。
音声ケーブルをつなぐことで音もちゃんと出ました。

パネル解像度は1366X768のようで残念ながらフルHDではありませんが
このサイズならちょうどいいかもしれません。

15KHzのRGBは映りませんでした。。


HDMI端子の動作チェックでポータブルブルーレイプレイヤーをつないでみました。
プレイヤーが10.1インチなのでほとんどサイズが変わりませんが綺麗に出力できました。
HDMI接続なら別途音声ケーブルは不要で音も出ます。
音質はそれなり。


USB端子なんですが、FAT32やNTFSでフォーマットしたUSBメモリを認識して
写真や動画の再生が可能です。
モニター単体で動画再生機能がついているのはすごくいいですね。
試したところ、ブルーレイと同程度のフルHDのH.264の動画が再生可能でした。

動画再生機として非常に優秀と思います。

意外に使い道があってGood!


最初、使い道が無いかなーと思っていましたが動画再生ができたり
買ってきたジャンクデスクトップPCの動作検証に最適だったりと非常に使えるものでした。

また、12V昇圧USBケーブルを使用することでモバイルバッテリーでの駆動も可能でした。
(ただし、動画再生をすると消費電力が増えるのか昇圧ケーブルがかなり発熱するので非推奨)

これからジャンク修理のお供として活躍していただこうと思います。


現在、ブランド違いでよく似た形のフルHDの機種も出ているようですね

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。