AVOX ポータブルBDプレイヤー! APBD-1012HW 再生不可ジャンク修理

スポンサーリンク


ハードオフ徳島アワーズ店にて
AVOX ポータブルBDプレイヤー APBD-1012HW

ポータブルブルーレイプレイヤーはなかなかジャンクで流れません。
AVOXはレンタル店やホームセンターなどでよく見るブランドですね

スポンサーリンク

状態は微妙なジャンクだがどう考える?


BD再生可・DVD再生不可という微妙な症状で4980円。
一般的に考えたらまともな状態じゃないものに4980円を出すのは
正気の沙汰じゃないと思われるかと思いますが・・・


このAmazonの広告を見ていただくとわかると思いますが
ポータブルBDプレイヤーって買おうと思うとどうしても
1万円台後半からスタートになるわけです。
中古でもそこそこの値段しますし、ジャンクで5000円ならアリだと思うのです。

こういった時、私は
直れば安い
・・・と、自分に言い聞かせて購入します。

動作チェックをするが・・・


持って帰って動作チェックをします。
『実は完動品なのでは・・・?』と期待もします。

電源を入れてから起動までちょっと時間がかかるかな?


液晶は10.1インチでしょうか?
解像度は目視した感じだと800×480くらいと思われる。
ブルーレイを見るにはちょっと物足りない感じもしますが。。


ピックアップはお馴染みのSF-BD415
このピックアップを使ってるBDプレイヤーって
中身みんな一緒っぽいのよね。。
ブランド違いで同じようなプレイヤーが出回ってそうです。


DVDは記載の通り、読み込みせず。
一瞬でディスク無しと判定されます。


じゃあBD専用にすりゃいいかと思い市販BDを入れてみるも
ちょっと考えた後、未知のディスク判定!

つまり一切のディスクを読まないクソのような一品でした。

すぐさまAliexpressでピックアップを発注しました。

ピックアップ調整で直らないか悪あがきをしてみる


ピックアップの到着を待つ間、悪あがきをします。
レンズ清掃は効果なし。


このピックアップ、SF-BD415はピックアップ調整で
直ったためしがないのですが一応調整。。。
Bと書かれたボリュームを反時計回りに回すと出力が上がります。
・・・が、やはり効果なしでBD読まず。
レーザーが弱り切っているようです。

このSF-BD415を使っているプレイヤーは
まずディスクにBDの青色レーザーを当てて
『ディスクの有無』を判定していると思われます。

つまりBD用レーザーが弱っているとDVDを入れた際に
『ディスク無し』と誤判定され、DVD用レーザーが正常でも
DVDが読めないということが起こります。

したがって、DVDが一瞬でディスク無し判定される場合は
BD用のレーザー出力を上げてやると直ることがあります。


結果、BDは読めませんがDVD読み込みは復活しました。
ピックアップが届くまでDVD専用で使おうと思います。

あ、一応USBメモリを読むことができるのでそこから動画再生はできますね。

操作部は液晶の下についていて
なおかつタッチセンサーになっているようです。

HDMI出力もあり、TVにつながります。
Youtube再生機能もありましたがアプリのバージョンが古く
サーバーにつながらないようで使用不可でした。

ピックアップ到着!


Aliexpressで入手。
今回も1000円弱で手に入りました。


分解は裏面のネジをすべて外すとあっさりと蓋が開きます


モニター側とベース側が二つに分離するんですが・・・


ベース側とモニターを繋いでいるケーブルがありますので
必ずコネクターから抜きましょう。


モニターケーブルは非常に細く、ちょっと引っ張っただけで切れてしまいそうです。
切ってしまうと復元は難しいので慎重に行きましょう。


ここまでくればピックアップは簡単に交換できそうです

ブルーレイプレイヤーが3000円程度だったら 買うようにしているんですが 今回入手したのがパイオニア BDP-150 BD再生OK、本体のボタンでトレイ開閉できないという代物
だいぶ前の話ですがBearmaxというBDプレイヤー BP-8220がリモコン付き2160円クマザキエイムまるで聞いたこともないようなメーカーですが他メーカーに作ってもらって仕入れて自社ブランドで売ってる系の販売会社ですかね。新聞の広告に載ってるような一体型のレコードプレイヤーとかも出してますね

過去に同じピックアップのBDプレイヤーを直した時とほぼ同じ。


シャフトを固定しているバネの引っ掛かりを外し
シャフトを抜くことで簡単にピックアップは外れました


あとはフラットケーブルのロックを外します。


旧ピックアップの白いプラスチックパーツは再利用するので
ネジを回して取り外し移植する。


元通りにシャフトと押さえバネを戻し
フラットケーブルをロックで固定する。


回路保護用のショートランドのハンダを除去。

最初、BDを読まなかったのでハズレを引いたかと思いましたが
Bと書かれたボリュームをちょっと回したところ・・・


BD-ROM・BD-Rの読み込みOK!
再生も止まらず良好になりました。

バッテリーの使用時間を測ったところ、DVD再生で2時間30分持ちました!
ほぼ無劣化のようです。

6000円でポータブルBDプレイヤーをゲットできてよかったです。

よろしければシェアをお願いします

フォローする

コメント

  1. daiki より:

    今はこんな部品にまでサポート用のQRコード貼られてるんですね

    • setsuhiwa より:

      おそらくキャリブレーション用ですね
      ソニーのBDプレイヤーとかだったらサービスマンが
      このQRコードと専用ソフトを使って調整します。