激安SSD SUNEAST SE800を買ってみた

スポンサーリンク


楽天の期限付きポイントがかなりあったので
何か買う物は無いかと探してたんですが
今回はPCのジャンク修理をする上で何個あっても困らないSSDを購入しました

スポンサーリンク

激安SSDは大丈夫なのか?



今回買ったのはSUNEASTのSE800というSSD。

SSDというのはちょっと前まで
INTEL・Samsung・Crucial・SANDISK
といった一流メーカーとADATAなどのそれ以外といった感じでしたが
2018年あたりにさらにそれ以外が押し寄せて選択肢が増えています。
SUNEASTは上記の『さらにそれ以外』に属します。

販売元が増えたのと同じ時期でしょうか
ドスパラSSD NANDリマーク騒動まとめ
偽装NAND疑惑でこの界隈が祭りになっており
こういった激安SSDに良い印象を持っていない方は多いかもしれません


実際、一流メーカーとの価格差はそれほどでもないので
激安SSDをわざわざ買うメリットは少ないんですが
あえて選んでみました。

付属品は特になく、9mm変換のスペーサーも無し。


ちょうどストレージを他のPCで使いまわして置物になってた小型PCがあるので
こいつに装着しましょう。

ハードオフ高松郷東店にて。 TruLux TLX-LED190BV1という19インチの液晶TVが3000円。 ネットにも全く情報が無い謎の機種ですが年式は2011年のようです。 年式のわりに本体の厚みがかなり薄くきれいだったので購入。

以前購入したメンテ作業台用TVに繋いで調べ物ができるようにしようと思います。


INWIN IW-BQ656という小型PCケースに第4世代Corei用マザーを入れています。
拡張性は皆無ですが小型で置き場所に困りません。


Windows10をダイレクトにインストールします。

激しくいろんなサイトで既出でありますが ジャンクでゲットしたPC(Windows7以降)に 簡単にWindows10を導入できる インストールUSBメモリの作成手順をまとめました なお、この記事を書いている2019年3月現在の 情報ですので今後細かく変更になる可能性があります
前回、Windows10インストールUSBメモリを 作成しましたが 今回は実際にWindows10をクリーンインストールする 手順をまとめてみました

ベンチを測ってみる


OSインストールが終わり、アップデートをかけて
一通り動かせるようになったあと。
初期不良ブロックの値が『A』ってことは10あるってことなのかな?

連続アクセスは500MB/秒に届きませんが
まあ、十分な速度で動いていると思います。
体感では特にモタ付いてるという感じはありません。
当然ですがHDDとは比較にならない異次元の速度です。


参考までに私がブログ執筆に使ってるノートPCに入れている
ADATAの二流SSDでこれも安かった。
容量が違うので単純比較はできませんが・・・
SUNEASTより多少マシといったところでしょうか?
(劣ってる部分もあり)

しかしSSDはEeePCからの付き合いですがRAMディスク作って延命だのプチフリ対策だの
やってた頃からしたら超絶進化していますね。

激安SSDは買いなのか否か?

速度的には問題ないレベルですが、Amazonのレビューを見てみると
速攻で壊れた報告が結構見られるため買う際はバックアップを心掛けるようにしましょう。
ただ、有名メーカーの物でも壊れるときは壊れるし
壊れてない人はわざわざレビューを書いたりしないというのもあるので
私自身しばらく使ってみて壊れたらここで報告しようと思います。

SSDを初めて買うという方は安心の一流メーカーのものをお勧めします。

よろしければシェアをお願いします

フォローする