壊れたゲームギアはこうやって直せ!修理方法をまとめてみた

スポンサーリンク

ゲームギアのメンテ数が直らなかった分も含め
十数個になったのでここらでまとめ記事でも
書いておこうと思います

スポンサーリンク

初めにお約束


ゲームギアの内部、特に液晶画面の
バックライトの回路には
モロに書いていますが高い電圧がかかる部分があり
感電すると結構キますので注意してください
すべての作業は自己責任でお願いします

ゲームギアの故障の原因は電解コンデンサ!

ネット上でさんざん記事にされていますが
ゲームギアの故障原因のほとんどは
コンデンサの経年劣化による液漏れと
その電解液によるパターンの腐食・ショートが原因のようです

特に左下の白いタイプのコンデンサは漏れがひどい感じがします
(ロットによっては黒いのが使われていることもあり)

つまり、軽症であればこのコンデンサを交換すれば直ることが多いです

ゲームギアの修理に必要な道具は?


まずゲームギアにはカートリッジ挿入部に
一本特殊ねじが使用されているので
通常のプラスドライバーのほかに
SFCが分解できるタイプのドライバーが必要です


電解コンデンサ
最初から国産の質のいいものを使ってもいいですが
直るかどうかはバクチ要素があるので
安い中国産のセットを使ってみるのもいいかもしれません


はんだごては基本的なセットがあればいいかなと
(こて・こて台・ハンダ・ハンダ吸い取り線)


絶対必要なのが基板洗浄するための無水エタノール
綿棒も大量に必要になると思います

必要なコンデンサ


必要なコンデンサは基板のバージョンによって若干違うらしいので
詳しくはお手持ちのものを確認していただくとして

コンデンサの見方
左は68uF 6.3V
右は100uF 4V
容量(uF)は同じものを、耐圧(V)は同じかそれ以上のものを
使用してください
(4Vや6.3Vの物は10Vの耐圧の物へ代替可能)

ただ、68uFとかいうのは入手難と思うので
100uFあたりで代替するか
33uFを二個並列つなぎして近い値にする必要がありそうです


4.7uF 35V22uF 6.3V
こういったのは定番なのでセットのものを買うと
入ってることが多いです


ちょっと何書いてるか分からないんですが
0.47uF 50Vでいいそうです


10uF 16Vが2個


10uF16V


33uF 6.3V


100uF 6.3V


10uF 16V

この個体のメイン基板のコンデンサは以上のようです
その他の基板にもコンデンサが付いていますので
必要であれば入手してください

コンデンサ交換のやり方


分解はねじを外すだけなので割愛します
カバーが取れたらまず目標のコンデンサを外します


まず、コンデンサにはプラスとマイナスがあるので
不安な方はスマホカメラなどで写真を撮っておきましょう
一応、パターンに+-が書いていますが見づらいので。。

ゲームギアのコンデンサはほとんどが表面実装なので
取り外しには若干コツが要ります

コンデンサは頭の部分が接着剤で固定されているので
矢印のあたりをニッパーや細いラジオペンチでつかんで
矢印の方向にゆっくり力をかけるとパキンと頭の接着が外れます
ハンダ付けされてる足の部分に負担がかからないように
やさしくやってください


その後、これまたハンダ付け面に負担をかけないように
寝ているコンデンサを起こす→倒すをくりかえして
足を金属疲労でポキッと折って取ります

その後、残った足をはんだごてで除去し
ハンダ吸い取り線できれいにした後
無水エタノールと綿棒で周辺を洗浄します
残った電解液で腐食が進まないように
洗浄は念入りに行ってください

液漏れで腐食してきているとハンダが温めても
全然溶けなかったりしますがそんな時は表面を
若干削ってやるとうまくいくことがあります

あとは電解コンデンサの足を程よい短さに切り
寝かせられるように曲げて+-を間違わないように
ハンダ付けします
電解コンデンサは一般的に白いラインが入っているほうが
マイナスです

大抵、元のコンデンサよりサイズが大きくなるため
うまく配置しないと蓋が閉められなくなる可能性があるので
一つ一つ現物合わせしながらコンデンサを寝かせる方向を
工夫したりして作業を進めてください

すべて交換し、組みなおして
無事に起動すれば修理完了です
お疲れさまでした

ジャンクで拾う際に注意するポイント

ジャンクで入手する際、前の持ち主が
いじくりまわしてるガチジャンクの可能性があるため
ハードオフなどで現物を触ることができるなら
電池カバーを開けてこの穴から中を確認しましょう

上の写真のようにデフォルトで付いているタイプの
コンデンサが見えれば未分解品の可能性が高く
直る見込みがあります

ヤフオクなどはいじくりまわした後のガチジャンクを
明記せずに出品している輩が多いので
直りそうな症状のもの以外は手を出さないほうが吉。

直りそうな症状のジャンクとは?

電源は入るが画像のような感じで横線がグチャグチャ動いて映らない
または斜め下から見るとなんとか映像を確認できる
・・・というジャンクは経験上、高確率で直ります

音が出ない、音がガビガビのノイズ混じりになる
・・・という症状はヘッドホン端子が付いている
音声基板のコンデンサを交換すれば直ることが多いです

直るときと直らないときがある症状


電源スイッチを入れると赤ランプが一瞬

もしくは1秒ほどで消えて起動しない
・・・という症状は経験上、直る直らないが7:3くらい。
メイン基板+電源スイッチが付いている電源基板のコンデンサを
交換すれば直る場合もありますが
この症状のものは液漏れの影響で基板の腐食が激しいものが多いです
パターンやビアの導通確認など地道なチェックが必要になります

コンデンサ交換では直らないもの


明らかに液晶がおかしいやつ
長年放置していた我が家のコカ・コーラバージョンの
ゲームギアですが、なぜか液晶が赤く変色し
全く映らなくなりました

もはやコンデンサ交換とかそういうレベルでなく液晶不良。


このゲームギアは直らなかった個体から
液晶を引っぺがし、再びハンダ付けするという
きわめて難易度の高い方法での修理で無事復活しました

動作確認済みで買って持って帰ったら煙を吹いた
・・・というケースもありました
ハードオフでの動作確認時に漏れた電解液が
回路をショートさせ、家での動作確認時に
トランジスタを焼いたという流れのようです
海外にある回路図によると2SD1614が焼けたようだったので
Aliexpressで入手し

付近を洗浄後に貼り変えてみたものの直らず。。
この個体は修理をあきらめました

コンデンサ交換は壊れてからでいい?→
いいやコンデンサだけは確実に交換してもらう

今まで出会った十数個のゲームギアは
程度の違いはあれどすべて漏らしていました
ゲームギアのコンデンサはいつか確実に漏れると言って良いでしょう

起動しなくなってからでは遅い可能性があるため
例え今動いていても交換しておいたほうがいいと思います

貴重な一台をできるだけ延命してやりましょう

我が家のゲームギア事情。 2018.4.24 1台増えたんで追記
ヤフオクでなんか直りそうなジャンクのゲームギアが まとめて出品されていたので入札してたらそのまま落とせました 今回はこいつらを直しちゃいましょう
先日購入したGGLCDを ジャンクゲームギアに組み込むことにしました GGLCDはゲームギアのクソ見づらいSTN液晶を 現代のTFT液晶に乗せ換えてしまおうという すばらしい同人ハードです これも発売から数年経っていますが すぐに売り切れてしまうのと継続して供給されているわけでないので 再版された時を狙って即ポチらないといけません 今回、4月末に再版されたという情報が流れたので即ポチしました

——


よろしければシェアをお願いします

フォローする