エポック社スーパーカセットビジョンを入手(起動不可ジャンク修理)

スポンサーリンク

IMG_20181203_143251.jpg
ハードオフ宇多津店にて
エポック社スーパーカセットビジョンがジャンクコーナーに置かれていました
状態は動かないとのこと

私の記憶が正しければ宇多津店に
2年くらい前から動作品の棚のところにあったものと思われるが
長く売れ残りその間に壊れたものと思われる
動作せずで4320円だけど動作品として売られてた頃の値段が
21600円だったと思うので十分安い。
セットになってるネビュラのカセットだけで1500円はするはず。

スポンサーリンク

箱説カセット付きで付属品は充実

DSC_3284.jpg
つーわけで持って帰ってきた
状態は並みといったところか
この宇多津店のスーパーカセットビジョン、いつか買おうと思ってましたが
こういった形で入手することになるとは。。

世間はプレイステーションミニの発売日ということで盛り上がっているわけですが
エミュレーター(PCSX)にガワを被せただけのものみたいなので
こちらの方が100倍面白いです

DSC_3283.jpg
コントローラーは収納できる
何ともレトロなタイプである

DSC_3285.jpg
付属品はRFスイッチ、ACアダプター、マニュアル

DSC_3286.jpg
ネビュラのカセットと社外品RFスイッチ

電源が入らない!その理由を探る・・・

DSC_3261.jpg
ACアダプターの電圧を図ると13V・・・?
8.5Vのアダプターなんだけど負荷をかけると8.5Vまで下がるのかな?
それにしても高い気がするが

DSC_3262.jpg
で、スイッチを入れてみたけど無反応。
たしかに壊れてるので修理が必要ですな

DSC_3263.jpg
中を確認。
結構シンプル

DSC_3264.jpg
電源スイッチの接点があまりきれいでなかったので

DSC_3265.jpg
清掃して接点復活材を塗る。。
しかし、改善せず。
それにしても接点不良になりやすそうなスイッチだな
こういうところの電圧降下も考えて高めの電圧にしているのだろうか

原因はショートモードで死亡したコンデンサ

DSC_3266.jpg
負荷時の電圧を測ろうとスイッチを入れた状態でテスターを当てたところ
0Vという結果になったので
どっかでショートしてる可能性がでてきました
一番怪しいのがスイッチ基板についてる2200uF10V

DSC_3276.jpg
導通テストで見事にピーッとブザーが鳴りおったので
こやつで確定ですな
コンデンサの+が電源、-がGNDに落ちてるので
この状態ではショートになってしまい、ACアダプターが
電源供給を止めてしまうのでしょう

DSC_3278.jpg
Nitsuko
ちゃんとしたメーカーのもののようですが
耐圧が10Vしかないので寿命が縮まったのでしょう

DSC_3277.jpg
最近入手したコンデンサなどを測定できるテスターにかけてみると
コンデンサなのに0.16Ωの抵抗(ほぼショート)として認識されるという。。
電解コンデンサが死ぬときは大抵オープンで死ぬらしいですが
まれにタンタルコンデンサのようにショートして死ぬこともあるようです


コンデンサ、抵抗、トランジスタやダイオードだけでなく
赤外線リモコンのチェックもできていいものです

コンデンサ交換で
復活したスーパーカセットビジョン!

DSC_3279.jpg
コンデンサを交換してスイッチオン!
カセットを差さずに起動すると出る風船のパターンが表示されました!

DSC_3280.jpg
DSC_3281.jpg
セットのネビュラで遊んでみました
コナミのスクランブルを髣髴とさせるゲームですな
普通に面白いと思います


RGB出力があるのでケーブルを作ってフレームマイスター経由で録画。


テストパターンも。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする