SONY ブルーレイプレイヤー BDP-S1100 一部ディスクを読まないジャンク修理

スポンサーリンク



ちょいと前のお話ですがソニーのBDプレイヤー
BDP-S1100が3240円
絶妙な値段なんですがソニー製ということで
メディアプレイヤーとして優秀かと思い購入

スポンサーリンク

リモコン欠品!そんな時はAliexpress

さて、持って帰ってきましたがリモコンが欠品のため
まともに操作ができません

HDMI連動が効くのでテレビにつなげば
テレビのリモコンで操作できますが・・・
今回つなごうと思ってるのが余ってるPCモニターなので
そういうわけにもいかず。


中国版Amazonと言われている
Aliexpressで互換リモコンが売られていたため購入。
送料込みで366円

英語表記ですが自分しか使わないので問題なし
動作も問題ありませんでした

二層BDを読まないことが判明


さて、しばらく使ってたんですが
最近、二層のブルーレイを読まないことが判明。

ハードオフの『ディスク読みました』はあまりあてにならず
一層の市販ディスク(BD-ROM)しかチェックしてないことが多いようです
BD-ROMやBD-RやRE、一層二層の違いで
読み込みに必要なレーザー出力は違い、
二層・REが一番読み込みにくいわけです。

レーザーピックアップの入手もAliexpress


つーわけで交換用ピックアップを手配。
この機種はKES-480Aというピックアップを使用しています
送料込み1044円

BDプレイヤーも安くなってきましたが
それでも8000円~12000円はするので
修理費入れて5000円以下で収まるなら十分アリです



ちなみにソニー製品の場合、
メーカーサイトで故障品がまだ修理可能かと
概算費用が検索できます


この製品は2013年製ですが2019年4月現在、まだ修理は可能で
修理費用は・・・
ほう!これはすごい!
修理額1万円を超えましたよ!

私の修理費用は1044円です
ですがリモコンの値段は入れていませんのでご心配なく。

ただ、この機種は完璧に修理しようと思うなら
メーカーの専用ソフトを使ったキャリブレーションが必要で
そのソフトはメーカーのサービスマンしか扱えないので(起動パスが必要)
手間を考えれば1万円は妥当なのかなぁ・・・

それとAliで手に入るピックアップとかは
コピー品・バルク品・流出品のどれかだと思うんで
ご利用は自己責任で

分解してピックアップを交換する


背面のねじを外してカバーを後ろにスライドさせると
カバーが外れます


ディスクトレイを出した状態でコンセント抜き
前面パネルのツメを4か所外して・・・


こんな感じで前面パネルが外れ、ドライブを外しやすくなりました


フラットケーブルを抜きます
この幅広のやつだけ黒いロックを軽く引き上げた後
ケーブルを抜きます
ロックは非常に壊れやすいので優しく。

他の2本のケーブルはそのまままっすぐ引き抜きます


ネジ2本を外しドライブを抜きとったあと
4か所のツメを外してカバーを取ります


黒いロックを起こしてやるとピックアップがつながってる
ケーブルが外れます


ピックアップを外すにはここの針金状のバネの引っ掛かりを外して


シャフトを抜くとピックアップが外せます

大きいワッシャーみたいなのがくっついたネジを外して
トラバースごと抜き取って作業したほうがやりやすいかも


白いパーツをねじを回して外し
新しいピックアップに移植します

このピックアップはショートランドは無いみたいなので
処理なしでそのまま入れ替えるだけでいいようです

あとは逆の手順で組み立てる。

交換後!見事に復活!


組みなおして読まなかった二層ディスクを入れてみたところ
無事再生できました!
つーか読み込みがめっちゃ早くなった


二層のREも問題なく認識!

PS3と同じXMBでの操作で分かりやすいですねぇ
USBメモリから動画再生もできるようで使い勝手がよさそうです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする