古いウォークマン WM-EX60が出てきたのでメンテナンスしてみた

スポンサーリンク


このブログが更新できるか否かは
良いジャンク品が発掘できるか否かにかかっているわけですが
ちょいとネタが尽きてきてるので何かいいジャンクは無いかと
家を発掘してみました

すると20年以上前に姉が使っていたカセットウォークマンが出てきました

『そういやこんなの使ってたなぁ』と思いながら
廉価機とは言え貴重なカセットウォークマンですので
簡単にメンテしてみることに。

スポンサーリンク

でもウォークマンは好きだがね。


ウォークマンと言えばジョジョのジョセフのセリフが印象的です。
当時は持ち運びができるカセットプレイヤーと言えば
ウォークマンだったわけです。
ゲーム機がすべて『ファミコン』と呼ばれていたように
カセットプレイヤーもすべて『ウォークマン』と呼ばれていたのです。

ヘッド・ピンチローラーはきれいな感じですね
各種クリーナーで磨いてやりました。


ネジを外していけば蓋は外れる・・・と思いきや外れない!

一か所、フックのようになっていて
力ずくでは破損してしまう箇所があるので注意。
本体側面の金色の枠パーツにツメがあるので
外側に押し出すようにすれば外れるかと。。

あと、ネジが超小さいので慎重に扱わないとポロっと転がった日にゃ
大捜索しないといけません。。


やはりゴムベルトがベロンベロンになっていました

この辺のポータブルカセットは0.5~0.6mm角の
細いゴムベルトが必要になります。
そんな細いのはなかなか見つからなかったんですが
ヤフオクでセット販売してる人がいたので入手。
多分、Aliあたりでも探せば見つかるかも?


慎重にゴムベルトを除去します。
溶けたベルトは服に付くと取れないので
カケラは無くさないように確実に処分しましょう

結果は残念?


新しいゴムベルトを付けました。
動作テストは・・・
残念ながら回転が不安定なのか音がウニョウニョした感じの音になります。
やはり小型化のためシビアな設計になっているので
ちょっとした調整のズレで致命的なのかもしれません。

CDウォークマンとパナソニックのカセットプレイヤーが ジャンクでありました

この記事でメンテしたパナソニックのやつのほうがきれいな音が出るので
この子が一軍の上がることはないでしょうなぁ・・・

とりあえず動作する、というところまで持って行けたので良しとしましょうか。。

よろしければシェアをお願いします

フォローする