思い出のファミコンをボロボロの状態からキレイにレストアする!

スポンサーリンク

DSC_0847.jpg
私のゲーム人生の始まりであるゲーム機のファミコンですが
今でも当時5歳くらいの時に買ってもらった機体が可動品として残っています
一人暮らしを始める際にも持って行ってたまに遊んでいました
現在ではかなり黄ばんでしまい、イジェクトレバーはまっぷたつに割れて紛失
ホコリをかぶって非常に汚くなってしまっています
亡き爺様に買ってもらった物というのもあり思い入れがあるので
今回きれいにしてあげることにしました

スポンサーリンク

黄色く変色したファミコンの漂白

DSC_0854.jpg
Retr0bright – ウィキペディア

プラスチックの黄ばみを落とすのは定番ともいえる
ワイドハイターEXパワーを使用。

家に買い置きがあったんですが大量に使っちゃったので
オカンにばれないように新しいのを買ってきました

DSC_0849.jpg
外装で外せるものははずしてハブラシでゴシゴシしたあと
ワイドハイターをハケでペタペタと塗って
紫外線たっぷりの晴天の野外に放置。

タッパなどに入れて漬け込むのが一般的みたいですが
漬けても塗っても効果はさほど変わらないらしいので
消費の少ない方法にしました

上の写真は放置して数時間後のものですがもうすでに効果が出はじめてます

DSC_0850.jpg
3日後くらい?の写真
かなり白くなりましたね
このまま一週間くらい放置していました

部品取りのファミコンを用意

DSC_0865.jpg
放置している間、ハードオフでドナーとなるファミコンを用意。
うちのファミコンのコントローラーは1コンはケーブルの被服が痛んでて
2コンはマイクがブーブーうるさいので内部のコネクターを抜いていました

DSC_0866.jpg
しかし、ドナーのファミコンも超汚い。
コントローラー基板も汚すぎたので被服のきれいなケーブルだけ
ハンダゴテではずしていただきました

DSC_0867.jpg
2コンも接点を洗浄してもマイクのブーブー音が直らず
ボタンゴムも破れてボンドでくっつけるという力技をやったあげく
使用不能になっていました。
2コンに関しては幸い他のハードオフの青箱の中に
状態のいいのが単品で転がってたのでそいつを確保し使用。

イジェクトレバーは亀裂が入っていましたが瞬着で補修して移植。

劇的ビフォーアフター

DSC_0847.jpgDSC_0894.jpg
ビフォーアフター
見違えるようにきれいになりました

ファミコンには和室が似合う

DSC_0969.jpg
テレビが液晶なんでアレですが和室に置いてちょっぴり昭和の雰囲気。
じーちゃん、ワシ30年経ってもあの時のファミコンで遊んでるよ(´Д`)

よろしければシェアをお願いします

フォローする