東芝 Bluetoothマウス M-R0047-Oのスイッチ交換



お知り合いよりマウスのスイッチ交換を依頼されたので
お預かりしてきました。


ダイナブック純正品マウス


このマウスは東芝のDynabookに付属品としてついていたもののようです。
BTマウスなんて安く売ってるので買い替える方がいいんですが
メーカー純正品というのにこだわる方は修理してでも使いたいと思うでしょうね。
純正品は取り寄せると高いです。
型番はM-R0047-Oというもののようです。

症状はクリックがチャタリングするとのこと。

分解


このマウスの分解は容易く、ネジを4本外すだけ。
ゴム足のようなもので隠れている2本と電池ボックスの中にある2本を外すと・・・


このようにパカっと開きます。
ケーブルが一本つながっているので切らないように注意。


基板は爪で引っかかってるだけですので簡単に外れます。
ロータリーエンコーダーになってる光センサーを曲げないようにホイールも外します。
ホイールにはホコリや髪の毛の屑が絡まってるのでお掃除しましょう。

今回はクリックのチャタリングですのでマイクロスイッチを交換します。
左右にある『D2FC-F-7N』と書かれている黒い部品がそうですね。
オムロン製。

白いタクトスイッチはマウスホイールのクリックと左右傾け(戻る・進む)の
ボタンみたいですが問題ないみたいですので今回は無水エタノールでの洗浄のみ実施。

部品を交換する


まずはマイクロスイッチを手配・・・なんですが、今回は依頼主がすでに
同等品を手配していたようで一緒に受け取ってきました。
電子部品を扱うお店やAmazonで購入できます。


今回のマイクロスイッチは3ピンではんだ付けされているため
まずは該当箇所のハンダを吸い取って部品を外します。


というわけで愛用の電動はんだ吸い取り器TP-100の出番です。


スルーホールが大きめなので簡単にポロリしました。


あとは新しいマイクロスイッチをはんだ付けするのみ。

よく見るとこのマウスの基板、ロジテックのロゴがありますね。
(ここでいうロジテックは日本のエレコムロジテックではなく
 スイス本社の日本ではロジクールのブランドの会社のことです。)
個人的に中身がロジクールのマウスなら品質はかなりいいと思っていますので
部品を買って修理するのも全然アリですね。

修理完了


若干、クリックのカチカチ音が大きくなったような気もしますが
チャタリングはなくなり良品となりました。
これにて修理完了とします。

今回使用したもの

半田ごて

ハンダごてはジャンク修理に無くてはならないパートナーです。 評判がよく、私も愛用している白光のFX600を紹介します

created by Rinker
白光(HAKKO)
¥3,891 (2021/07/30 22:31:18時点 Amazon調べ-詳細)
愛用のハンダゴテの記事です。

Amazonでハンダゴテを検索
楽天市場でハンダゴテを検索
ヤフーショッピングでハンダゴテを検索

電動ハンダ吸い取り器

ジャンク修理で避けて通れないはんだ付けされた部品の取り外し・・・ いつかほしいと思ってたこいつを購入しました

created by Rinker
太洋電機産業(goot)
¥19,979 (2021/07/30 22:31:19時点 Amazon調べ-詳細)
電動ハンダ吸い取り器。
はんだ付けされた部品を外す際、持ってると効率が違います。

Amazonではんだ吸い取り器を探す
楽天市場ではんだ吸い取り器を探す
ヤフーショッピングで電動はんだ吸い取り器を探す

無水エタノール

created by Rinker
健栄製薬
¥1,313 (2021/07/30 23:05:46時点 Amazon調べ-詳細)
基板洗浄するための無水エタノール
あらゆるジャンク修理に必須です。
薬局でも買えますがAmazonでも売っていますので何かのついでに買っておきましょう。
綿棒も大量に必要になると思います。
Amazonで無水エタノールを検索
楽天市場で無水エタノールを検索
ヤフーショッピングで無水エタノールを検索

マイクロスイッチ

今回のマウスの修理に使用したマイクロスイッチです。
購入の際は一度分解し確認して、同じ型番のものを購入するようにしましょう。

------スポンサーリンク-------
NEC PCが安いアウトレットセールはこちら
-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。