SHARP LC-104S2

スポンサーリンク

DSC_3223.jpg
我が部屋のメンテ作業台として使用しているテーブル筐体の横には
NAOKIT氏よりいただいた10型の液晶アナログTVがあります
SHARP LC-104S2という96年製モデルのようです
この時代の液晶TVにしてはそこそこキレイに見えるのと
コンポジット入力があったりステレオスピーカー搭載だったりと
なかなかにいいものなのです
(今では信じられないかもしれませんが当時の安いTVはモノラルだった)

DSC_3224.jpg
スチールラックの柱の穴にスタンドをネジで固定しています
こうすると画面の上下が逆になっちゃうんですが
このテレビのいいところは
こういった使い方も想定しているのか上下反転スイッチが付いてます
反転するとサウンドも反転するので左右が逆になることもない

DSC_3216.jpg
買ってきたジャンクレトロゲーム機の動作チェックや
DVDプレイヤーを繋いで作業中にたれ流したりしていたんですが
ちょっと前から映像がこんな感じになって正常に映らなくなりました
よくある液晶に縦線が入ってる故障というよりは
映像処理がうまくできてないっぽい感じの故障

DSC_3217.jpg
このテレビ、たまにハードオフで見かけますが
3000円程度してこのまま処分するのも惜しいので開けてみた
表面実装コンデンサがビッシリついていますな
全部交換するのは割に合わないので怪しいところのみ交換しましょう

DSC_3218.jpg
怪しい箇所。
この1000uFが漏らしているというよりは
隣の150uFの表面実装が漏らして巻き添えを食らってるという感じ
3つ並んでる150uFと1000uFを交換。
150uFは手元になかったんで220uFで代替。

DSC_3219.jpg
DSC_3220.jpg
もう一か所怪しいところ。
シールドにつながってる銅箔が変色してるので
このあたりのコンデンサが漏らしてるんでしょうな
付近の数個を交換しました

20年以上経ってるし電源を入れているとなかなかに発熱するので
コンデンサ不良は避けられないでしょうな。。

DSC_3222.jpg
無事表示するようになりました
12時間ほど連続で映してて問題なかったので直ったかな。。?

よろしければシェアをお願いします

フォローする