FF2の思い出

スポンサーリンク

DSC_0590.jpg
GBAのFF1・2の状態のいいのが売ってたので確保しました

スポンサーリンク

一番好きなのはFF2

FFは2~6と8をプレイしましたが個人的に一番のお気に入りは2です
2>5>3>4>6>>>>>>>8

DSC_0586.jpg
ちょうど掃除で幼少の頃にプレイしたFF2が出てきました

まるで知性を感じませんよ

DSC_0588.jpg
当然のごとくこのようなまるで知性を感じない脳筋パーティーでした。

当時、攻略本で
『味方同士で殴り合えばモリモリHPが上がる』
『たたかうを選んだあとBでキャンセルするを繰り返せば
 実際行動しなくても熟練度が上がるバグがある』
・・・などと書かれていたせいで
リアルタイムで遊んだ子供たちは皆、写真のようなステになったでしょう。。

しかし、中盤以降にモルボルクアールといった
『物理攻撃に状態異常(アクセでも防げない)が付加されてる敵』
出るようになって、このようなステでは非常に苦戦するようになり
小学生ではクリア不可な難易度になります。

状態異常が毒とかならまだしも即死判定を持った敵がラストダンジョンに出て
群れで現れて先制攻撃をとられたら即全滅というパターンでした。。

当時の攻略本を見た子供たちは『大人は嘘つきだ』
心に深い傷を負ったことでしょう

私は高校くらいになって当時のセーブデータで再開し
ゴリ押しと運でクリアしました

DSC_0587.jpg
こういった事態を防ぐには序盤から盾を装備して
回避を上げるというのが重要だと後に判明し
今では常識となっております。
(通常攻撃が当たらなければ状態異常も発動しない)

回避が下がるので 画像みたいに重そうな装備を付けるのもNG
ドラクエみたいにその街で買える最強装備を付けとけば楽勝なんて
生易しい仕様ではなかったのです

FF2は大人のゲームなのです

DSC_0591.jpg
というわけで今回は回避を意識して
ちまちま進めています
この終始暗くて重いストーリーがいいんですよねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする