ファミコンカセットのバックアップ電池をホルダー化した

スポンサーリンク

DSC_1496.jpg
以前作ったMMC5フラッシュカートリッジ基板に電池ホルダーを付けるため
Aliから電池ホルダーを調達。。


DSC_1491.jpg
しかし、入り数を勘違いしていたため
60個もの大量の電池ホルダーが届いて途方に暮れる

だって送料込み500円で60個も来るなんて思わないもん
どうなってんだ中国


日本での販売価格は10個でこんな感じ

DSC_1495.jpg
とりあえずMMC5フラッシュカートリッジ基板に装着し目的は達成
セーブできるのも確認。


DSC_1497.jpg
せっかくなので手持ちのファミコンカセットの電池もホルダー化することにしました
ファミコンカセットのセーブデータを保持している電池はタブ付きのCR2032なんですが
組み込み向け製品なので一般の量販店には売っておらず入手性が悪いので
普通のCR2032が使えるようにしましょう

セーブデータをバックアップした後、ハンダ吸い取り機で電池を外す

DSC_1498.jpg
今回、ドラクエ3のカセットを使用しましたが
ホルダーを付けるのに電池周辺のダイオードが邪魔だったので
外して裏面のハンダ面に移動。

DSC_1609.jpg
電池ホルダーの底面の金具を起こして穴に差し込んでハンダ付けしますが
このホルダーの金具、曲げると簡単に折れちゃうので注意

電池を入れてケースに戻してセーブデータを書き戻して終了。

DSC_1499.jpg
ハードオフで買ったドラクエ3ですがこのようなシールが。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする