もはや使用不能?KINGSTON Wi-Drive WID/32を入手



『どうした?購入しないのか?』と煽られたため
ネタでこのようなものを購入しました。


いい商品だ 画期的だな だが遺物だ


今回入手したのはKINGSTONが2012年ごろに販売していた
Wi-DriveというiPhoneなどの容量不足を解消するための
モバイル型ネットワークドライブです。

ジャンクではなくれっきとした新品で当時からずっと売れ残っていたもよう。。
箱の痛み具合が年代を感じさせます。
お値段は某量販店で600円くらいでした。

当時はiPhone対応のUSBメモリなどは無く容量不足を解消する手段が乏しかったため
画期的なアイテムだった・・・と思われますが今となっては過去の遺物ですね。

申し訳ございません、このような仕様で


内容物は本体、多言語マニュアル、USBケーブル


キングストン製品らしくいつものおっさんの顔が印刷されています


充電やPC接続に使用する時代を感じるミニUSB端子。


側面には電源ボタンとリセットボタンの穴。


8年間熟成されたバッテリーはもちろん放電していて
電源はそのままでは入らなかったのでPCに繋いで充電しました。


PCに繋ぐと32GBのUSBストレージとして認識されます。
パーティーションが分かれているようで一つはCDドライブ扱いの読み込み専用
もう一つは普通の読み書きできるドライブ。
読み書きできるドライブの方にユーザーフォルダを作りデータを保存します。


マニュアルにある専用アプリはAndroid版もあったようですが
すでに公開終了しているようで検索してもストアにありませんでした。
さて、どうしたものか・・・


とりあえずスマホから接続してみました。
電源を入れてスマホのWifi設定を開くとノーセキュリティのSSIDが出てくるので接続します。


試しに接続した状態でKINGSTONの類似製品のアプリを起動してみましたが
やはり接続できず。。


アドレスを直打ちしたらいけるんじゃね?と思って
ゲートウェイのアドレス
192.168.200.254へブラウザからアクセスしてみたところ・・・


お、つながったじゃん。
フォルダが見えるのでここから目的のファイルにアクセスすることができそうです。


configフォルダにアクセスすると設定ページが開きました。


SSIDやセキュリティパスワードもここから変更できるようです。


ここの設定から無線ルーターに接続するとブリッジ接続となり
このストレージに無線接続中もインターネットにアクセスできるらしいが・・・
セキュリティがWEPにしか対応していないらしい・・・
現代で使用するの無理だろう・・・

後悔するぞ、俺を買ったことを・・・

ちょっと使ってみた感じ・・・
・Wifi設定を変えないといけないのが面倒
・接続中は実質インターネット使用不可
・発熱がひどい
・充電中は使用できない

今となってはスマホも大容量となりましたしNASなども家庭に普及していますので
32GBという容量もあまり恩恵がないですね
データのシェアも今はクラウド共有の方が便利ですので出番がなさそうです。
USBドライブとして使うのが一番かもしれませんね。

------スポンサーリンク-------
NEC PCが安いアウトレットセールはこちら
-------------------------

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。