なんか条例でゲームを規制する県があるらしいお

なんか条例でゲームを規制する県があるらしいお
オンラインゲームに時間制限 香川県、依存防止へ条例案

先日、このようなニュースが流れこの界隈を騒がせました

地元・香川県でした

『くだらねーこと考えてんのな、どこの国だよhahaha!』

などと思ってたら地元・香川県のお話でした。

内容としてはネット・ゲーム依存症から青少年を守るために
18歳未満のネット・ゲームの使用時間を制限しようというもの。
罰則はなし。

要するに
ゲームは悪!
悪は許さん!
でもいきなり全面禁止にしたら批判されるだろうから今回は時間制限だけにしとくよ!
・・・という条例ですね。

おそらく今の段階で県民がどうこう言ったところで
何も変わらないところまで来てしまっていると思います。

ネット上の反応

・守るわけねーだろ
・個人の時間の使い方を制限するのは人権侵害
・ゲームの時間を減らしても勉強の時間は増えない
・大人になってから反動でオタになる

・外で遊ばせたいなら先に安全に遊べる施設を作れ
・これが通ればいずれ規制がエスカレートしてゲームが完全に規制される
・オンラインゲームで香川県民お断り部屋が乱立する
・うどんの方が健康に悪いから規制しろ

などなど・・・

香川県のゲーム規制条例と四国新聞。
なんとも闇の深い・・・
ウチもおかんが四国新聞取ってるけどいい加減金の無駄と気付いてほしい。

私の身の回りでは・・・

この記事を書くにあたって、職場の子持ち主婦層に
『アホな条例できるかもしれんけどどーすんべ?』とお話を聞きました。

すると
・この報道の前から学校でスマホ・ゲームの扱いについてうるさく言われていた
・学校から『家族全員NOスマホデーを作れ』と言われている(子供の宿題扱い)
・学校でやたらと四国新聞のスマホ依存の記事を印刷したプリントが配られる
・先生自身は『NOスマホデーを守っている』などと供述している
という情報を頂くことができました。

こ れ は ひ ど い

なんだよ、家族全員NOスマホデーって・・・
スマホで仕事してる親だって居るだろう・・・

こういう事を考える人間って新しい時代を生きる子供たちの目線で物を見られないんですよね

月収6桁の中学生ブロガー、「就職したくないから稼げるようになりたい」
この中学生がいい例なんですが、まさに新しい時代の生き方をしています。
就職したくないからPCを使って金を稼ぐ、ネット依存をカネに変える。
実に素晴らしいじゃないですか?
ゲーム・スマホ・PCなんてこれからの時代、子供のころからどんどん触れさせるべきですよ。
プロゲーマーという職業が認知されてきた世の中ですのでそれを目指す子も居るでしょう。
好きなことを好きなだけできる環境って必要だと思うんですよね。

私の将来は闇ゲーセン


興味のある方は昔、週刊少年ジャンプで連載していた
光原 伸氏の『アウターゾーン』第87話『禁書』を読んでみてください
漫画を持っているだけで厳しく罰せられる世界のお話です。

私の将来はゲームで遊べなくなった未来の子供たちを家に招き
ゲームを遊ばせてあげる『ゲームおじさん』になっていることでしょう。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。