ジャンカー必須アプリ!?ハードオフの新しいスマホアプリを試してみた

スポンサーリンク




9/1よりハードオフのスマホアプリが新しくなったため
インストールしなおしました。


スポンサーリンク

以前のアプリは・・・

以前のアプリですが、店頭まで行ってアプリを開き『チェックイン』することで
ポイントが入り、500ポイント溜まれば1500円以上の買い物で使える
500円分のクーポンが発行できるというものでした。

当初は一店舗チェックインで20ポイント入っていて
ハードオフ・オフハウス・ホビーオフが入っている複合店舗であれば
一か所で60ポイントゲットでき、私のように毎週どこかしらのハードオフに行く人種であれば
容易く500ポイントためることが可能でした。
さらに会員ログインなどは必要ないため、使い古した端末があれば
ありったけ持っていき各端末でチェックインすることで
合算こそできませんが大量にポイントがゲットでき、500円クーポンを
量産することができたのです。
1500円のお会計から使用できるというのも絶妙でした。

このシステム上『買い物をしなくてもポイントを大量にゲットできる』為
乞食行為を行う人間が殺到したのかポイントシステムに改正が入り
一店舗当たり5ポイントしか入らないようになりました。
ファミ通のガバス並みに溜まりにくい仕様となってしまったわけですね。
さらにクーポンも3000円以上の買い物をしないと使えなくなり
ジャンク品を細々と買うという私のスタイルでは使いにくくなりました。

ここまで使い勝手が悪くなるとへヴィなジャンカーでも
500ポイント貯めるのが困難になったため私もスマホを買い替えた際に
インストールするのを忘れてて使わなくなっていました。

つーかハードオフの社員か店の隣に住んでいる人間くらいしか
500ポイント貯められないだろう・・・

新しいアプリ

来店・買う・売るでポイントが貯まる

金を落とす種類の客はまず500ポイント貯められないとハードオフもようやく気付いたのか
現在のポイント獲得制度とクーポンを廃止し2020年9月1日より
あたらしいアプリをリリースしました。

今回はチェックインのみならず、ハードオフで『買う』『売る』といった行為でも
ポイントが入るようになりました。
最初からなぜこうしなかったのかと担当に問い詰めたいところですが
まあ、いわゆるよくある量販店のポイント制度に近くなったわけですね。

ランクシステム


ポイントが貯まるごとに会員ランクが上がるようになり
現在レギュラー・ロイヤル・ゴールド・オフマスターの4段階のランクがあります。

ランクごとに購入・売却時の付与ポイント率が設定されていてランクが上がると
ポイント付与率も上がるようです。


レギュラーから次のランクのロイヤルになるまで100ポイントなので
20000円分の買い物が必要ですが私のペースなら比較的早く達成できそうです。

私はハードオフで売却することがないので購入時のポイントが1%になる
ゴールドまでは行きたいところですね。

使い方


ハードオフのネットモールへの会員登録が必要みたいですがここでは割愛。
ダウンロードしてログインします。

アプリを開くとバーコードと近隣店舗の一覧がでますので
お会計の際にバーコードを読み込んでもらえばポイントが付与されます。
お店によって若干システムが違うのか最初に読み込む店と
会計後のレシートが出た後に読み込む店があるみたいです。
(バーコードは10分で無効になりますが念のためモザイク処理をしています)


また、店に滞在中は近隣店舗のチェックインボタンが押せるようになるので
チェックインすると一律で1ポイントゲットできます。
複合店舗はそれぞれのお店で1ポイント入るため店によっては
2~3ポイントゲットできるようですね。
来店ポイントが少なくなったため今後は売買でポイントを貯めるのがメインとなるでしょう。
どちらかといえばこのシステムの方が買い物をする気になれます。

今のところポイントを使用していませんがお会計の時に1ポイントから使用できるようです。
(1ポイント=1円)
ポイントには期限があって1年で失効するようですので消える前に使用しましょう。
ポイントを使ってもランクアップに必要な累計ポイントは無くならないようです。

ハードオフに行くならインストールしておきましょう

というわけで新しくなったハードオフアプリは
ポイントが使いやすくなったりランク制度があったりと
面白そうなアプリとなっていました。
今後、会員ランクを使ったキャンペーンなどを期待したいです。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。