ポータブルBDプレイヤー VERTEX STYLE PBD-V001をジャンク入手 動作確認とメンテ

スポンサーリンク



今回はハードオフ伊予三島店で発掘したこのポータブルBDプレイヤー
VERTEX STYLE PBD-V001を紹介します。

久しぶりにポータブルブルーレイプレイヤーをゲットです。


スポンサーリンク

激安ジャンク!各部を見ていく


お値段は550円と激安。
ジャンク理由など記載は無く付属品はありませんでした。


販売元は株式会社ヴァーテックス
中華系の安いDVDプレイヤーを仕入れている商社ですかね
たまにハードオフのジャンクコーナーで名前を見かけます。


付属品はセットされていませんでしたが青箱からこの機種のものと思われる
カード型リモコンを発掘したので購入。お値段は本体と同じ550円でした。

電池は入っていましたがスマホのカメラ越しに見ても
発光部が光っているような感じがしなかったので一応、電池も購入。
CR2025でした。


本体側には操作ボタンがあります。
一見、このボタン類である程度の操作はできそうですが。。。


左側面には電源端子、電源スイッチ
電源は12V2Aのセンタープラス


右側面にはヘッドホン端子、AV出力端子、HDMI出力端子
SDカードスロット、USB端子。
SDカードスロットとUSB端子が両方ある機種は珍しいですね。
動画プレイヤーとして使用する際、出っ張るUSBメモリより
出っ張りにくいSDカードのほうが使いやすいんですが
このころの機種ってUSB端子だけしかついてなかったりするんですよねぇ。


後ろ側にはLAN端子。
ネットワーク機能は恐らくないのでアップデートやBD-LIVE用でしょうか?

そして全体的にタバコ臭い。

いよいよ動作チェック


ACアダプターはガチで見つからなかったので手持ちの12V2Aのアダプターに
変換コネクターを付けて動作チェックを行います。
DVDプレイヤーなんかでよく見かけるプラグのサイズでジャンクボックスで
ACアダプターはたまに見かけるんですが・・・


お、電源は入りましたね


OPENボタンがクッソ固くてなかなか押し込めなかったんですが
何とかトレイを開きディスクを入れてみましたが速攻で定番の『不明なディスク』エラーが。


念のためレンズクリーニング液でレンズをフキフキしました。
拭いた綿棒が黄色く変色するのでタバコのヤニがべったり膜を張っていた可能性があります。


再びディスクを入れたところ勢いよく回りだし、
無事再生できました!

ちょっと使った感じ、本体ボタンの反応がおかしく押したところと違う機能が反応します。
リモコンは電池を交換したところ問題なく動くようになりました。


本体ボタンなんですが、十字キーのように割り当てされているように見えて
カーソル移動に使用できないというクソ仕様なためリモコン必須です。
買っといてよかった・・・

バッテリーは残念ながら寿命で5分ほどで電源が落ちます。

一応このままでも使用できますがこの機種、冷却ファンが内蔵されているようで使っていると
タバコの臭いを部屋にまき散らすため内部もできるだけクリーニングしようと思います。

分解清掃


分解には裏蓋のネジを外す必要があります。
見えている部分以外にもシールの下に2本隠されているので
ドライバーを突き刺して回しました。


前面から持ち上げていくとこのように分割されます。
モニター部につながる細いケーブルがあるので切らないように慎重に開けましょう。

バッテリーは同等品に交換したいところですね。


BDドライブ部。
ヤニで茶色くなった綿埃が絡まってるので清掃します。


ピックアップが固定されているレールのバーを外すには
〇の部分のネジを回す必要があり。
バネが下に隠れているので飛ばさないようにしましょう。

また、このネジはピックアップの高さや角度の調整も兼ねているようで
取り付けるときにネジを締めすぎると
ピックアップとディスクが接触してしまうので締め具合は調整が必要。
ピックアップが動いたときにディスクに対して平行に動くようにしないといけないので
不要ならできればここの分解は避けたほうがいいかもしれません。
うまく調整できていないとディスク外周のほうでコマ落ちしたり
読み込みが完全に止まったりします。


ピックアップはこの時期の多くのBDプレイヤーに使われている
三洋のSF-BD415
読み込まない場合はAliexpressで1000円前後で入手が可能。


今回は正常っぽいので詰まってるホコリの除去と接触部のグリス塗り替えのみ実施。


本体ボタンの誤作動を解消するために基板を確認します。
ネジが8本あるので外しましょう。


ひっくり返すとこのような感じで表面実装型のスイッチが付いていました。
これもヤニのせいでしょうか、内部の汚れなどによる抵抗値の上昇で別のキーと
誤反応しているというパターンですね。

無水エタノールを流し込んでボタンを連打。
その後接点復活剤を流し込んでボタンを連打で内部洗浄しました。


次はクッソ固いOPENボタンのメンテ。
ボタンはツメで引っかかってるだけなので簡単に外せます。


中にバネがあるので飛ばさないように。

きれいに清掃してグリスを塗りました。


その他、連動して動くパーツがあるのでこすれる部分をグリスアップ。
ボタンがかなり軽くなりふたが開きやすくなりました。

最後に元通り組み上げます。
蓋を閉めるときに細い配線を噛みこまないように注意しましょう。


一通り動作チェックした後、アルカリ電解水で本体を磨きました。
ヤニで真っ黒ですねぇ。。
汚かった液晶画面もきれいになりました。

格安でゲット!


今回、本体とリモコン合わせて1100円で
ポータブルブルーレイプレイヤーがゲットできました。

USB端子やSDカードを使って動画をたくさん詰め込んで再生機として使用できるので
万が一BDが再生できなくなっても利用価値があります。
バッテリーが死んでるのが残念ですが消費電力の少ないUSBメモリからの再生なら
12V昇圧ケーブルを使用することでモバイルバッテリーでの動作も可能でした。

今回、清掃だけで復活できたので非常にお得な代物でした。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。