メタルギアソリッド5で登場した名機!ソニー データレコーダー SDC-500

スポンサーリンク

IMG_20180911_112901.jpg
バブルラジカセを求めてハードオフ宇多津店へ寄った際、ラジカセコーナー付近に
ソニーのMSX用データレコーダーのSDC-500を発見
やや黄ばみありですが傷も少なく状態はいい
もちろん即レ
2160円とややお高めですがこの辺でレトロPC系のものは
なかなか見かけないので押さえておきました

スポンサーリンク

あのゲームで登場したデータレコーダー


メタルギアソリッド5の劇中に登場することで
ちょっと有名になったデータレコーダーですね

ソニーらしくデザインがかっこいいのです

やはり故障品なのでメンテする

まずは分解

DSC_2366.jpg
通電はOKだけどやはりテープが回らず。
使用期限97年の電池が入ったままでしたが奇跡的に液漏れなしでした

DSC_2368.jpg
早速分解。
ネジを3本外すだけでパカっと開きます

DSC_2369.jpg
液漏れなどもなく非常にきれい
コンデンサの交換は要らなさそう

やっぱりベルトが溶けていた!

DSC_2367.jpg
見事なブチル系ゴムベルトで溶けて絡まってました

DSC_2370.jpg
こちらもドロドロ

DSC_2371.jpg
ブチル系ゴムベルトの除去は形が残ってるうちが勝負。
つまようじで崩さないようにこそげ取ります

DSC_2372.jpg
きれいに取れました
残ったやつを無水エタノールで除去し、
新しいゴムベルトをつけました

重要なパーツが破損!?

DSC_2369a.jpg
テープは再生できるようになりましたが
巻き戻しと早送りができない。
原因は本来ここについてるはずのギアを押さえる白いパーツが
割れて中に転がっていました。
ついでにその白いパーツを固定するカットワッシャーもない。
前の持ち主が直そうとして飛ばしてしまったんでしょうな

DSC_2369c.jpg
この黒と灰色の2枚のギアは押さえパーツによる摩擦のみでつながっていて
テープエンド時にテープが切れないように空回りすることで
クラッチとして機能するようです
押さえパーツが割れている今、常に空回りしている状態。

押さえパーツを接着剤で圧着したりカットワッシャーを針金で代替してみましたがうまくいかず。。

割れたパーツの代替策を練る

DSC_2391.jpg
ならばある程度の圧で押さえる部品がありゃいいんだろ?
ってことで真上にある寝かされてるコンデンサを起こして
ギアを押さえてみた。
ディスクシステムのモビロンバンドの外れ防止のガイドにしたりと
私はコンデンサをそれ以外の用途に使うことが多いです

DSC_2392.jpg
それだけだと片側が浮いて安定しないので反対側にある抵抗の上に
ホットボンドを盛り上げていって押さえを作りました
このギアは早送りと巻き戻し時しかメインのギアと接触しないので
押さえによる多少の抵抗があっても再生には影響しません。
ギアの表面にグリスを塗って滑りをよくして・・・

DSC_2373.jpg
試行錯誤の末、かなり強引ですが再生、巻き戻し、早送りの機能が回復しました
テープスピードが少し遅いので基板上にモロにSPEEDと書いてるボリュームを回して調整。

ひとまず修理完了!

DSC_2374.jpg
MSXのテープデータは持ってなかったのでP6でテストし、
無事読み書きできることを確認!
電池式のため小型で使いやすいデータレコーダーが手に入りました

ソニーのMSXを使っているなら押さえておきたい一品でもありますね

部品取りドナーが見つかった!


いつものようにハードオフでジャンクをあさっていると
ソニーのテレコTCM-6DXが。


こいつは修理を試みてみたんですが
どうにも再生スピードが安定せず、修理を断念。


しかし、スピーカーの下にどっかで見た部品を発見。


そう、SDC-500と同じギアの押さえパーツでした!
メカが同世代なんでしょうね
つーかこれ付け方間違ってる


白いプラのパーツとスプリングとカットワッシャーがゲットできました


SDC-500の改造を施した部分を元に戻し
いただいた部品を正しく付け直します

完ぺきに直ったSDC-500ちゃん


再生、録音、早回し問題なし!
完ぺきに直ってうれしいです

よろしければシェアをお願いします

フォローする