SHARP X1用のジョイスティック XE

スポンサーリンク


なかなかいいレトロゲーム機が入荷することが多いハードオフ高松桜町店にて
『XE』とかかれたジョイスティックが。
コネクターはアタリ仕様で使われるAMP9ピン。

スポンサーリンク

ゼビウスのジョイスティック?


たしか、X1用ゼビウスに同行されてたものと同じだったかと思いますがあちらは色が白。


Twitterのフォロワー様よりゼビウスコントローラーの単品版との情報をいただきました。

1000円と絶妙な値段ですが運命を感じたため購入。
レトロPCガチ勢の方々にとってはどうでもない代物かもしれませんが・・・

特殊な右側レバー


このスティック、右側にレバー、左にボタンという通常のスティックとは逆になっていますが
本来、ゼビウスのコンパネは真ん中にレバーが付いていて
左右にそれぞれブラスターとザッパーのボタンがついているという仕様です。
(右利き左利き両対応のため?)
このスティックは底面にスイッチが付いていて切り替えることでレバーの入力が反転し
コントローラーをひっくり返すことで本体サイズを大きくすることなく
両対応が可能となっています。

動作チェック


早速動作確認をしましょう。
テープ版ゼビウスを起動します。

・・・起動に5分くらいかかるんですよね、コレ。


しばらく使っていませんでしたが無事起動しました。

・・・が、スティックが動作せず。。


とりあえずバラします。
スティック部にも導電ゴムを使った簡素な仕様。
PCエンジンのターボスティックと同じような構造です。
導電ゴムに破れは無し。

基板とプラパーツがセロテープで張り付いていましたが仕様でしょうか。。?


基板には『HORI』と書かれていました。
ICチップなどが使用されていないオンオフのみのシンプルな回路なので
動かないとすれば断線や接触不良でしょう。
ケーブルの導通は確認したので導電ゴムと接点部、反転スイッチを洗浄してやりました。

結果、問題なく動くようになりました。
操作性は良いとは言えませんが当時の人々が使った機器で遊ぶのも
風情があるというものでしょう。

よろしければシェアをお願いします

フォローする