レトロPC!SHARP X1を入手!

スポンサーリンク

DSC_1709.jpg
休みだったので朝一でハードオフへ。
今日は愛媛の新居浜まで。

スポンサーリンク

赤いアイツをゲット

DSC_1711.jpg
ゲットしてきたのがこれ。
SHARP X1 CZ-800C
1982年発売のPCだとか。。
世代的に全く触ったこともなかったんですが
1年近く売れ残ってたので引き取ってあげました
付属品なし、通電のみ確認とのこと

参考
http://www.x1center.org/
https://blog.goo.ne.jp/timatima-psu

MSXよりさらに古いこいつをジャンクで買うのは
かなり勇気が要る仕事でしたので
入手するにあたっていろいろ下調べをしました

電源を入れてみる!

DSC_1712.jpg
とりあえず電源を入れてみる
・・・お、自動でカセット扉が開いた!

上記参考サイトによると自動でカセットが開けば
システムが動いてて生きてる可能性が高いとかなんとか

映像出力はデジタルRGB?

DSC_1714.jpg
ならば後は映像が出るか調べましょう。。
このX1、映像入力端子が8ピンデジタルRGBという
現在非常に入手難度の高いモニターが必要なわけですが
その正体を調べてみるとRGBHVのただのアナログRGBみたいなので
変換アダプタを自作してみる。。
(映像信号に150Ωを挟んで後の信号は直結)
どうやらRGB各色が出ているか否かという意味の
0か1でデジタルRGBと言うようでDVIやHDMIとは
全く異なる代物です

X1本体側はDIN6ピンというこれまた一般人が常備しないだろうと思われる
コネクターなので線を直接突っ込んでテストすることにしました

DSC_1713.jpg

基板環境のアーケードモニターにも家庭用ゲームを映したくなった時のために 21ピンメスコネクタの中にLM1881を使った同期分離回路を仕込みました なぜこれが必要かというと家庭用ゲームはRGB出力の際、 同期信号をコンポジットビデオ信号で代用していることがほとんどで ソニーのWEGAのようなテレビだと問題ないんですが 業務用のモニターだと純粋な複合同期信号でないと映らないためです 画像中央のICのLM1881を通すとコンポジットビデオ信号から複合同期信号と 垂直同期信号が取り出せます。 こんなかんじで21ピンRGB→D-Sub15ピン変換ケーブルを作成

15KhzアナログRGBを素で食ってくれるこのLCD-AD191SEWに繋いで・・・
お、映った!

所謂この『IPL待ち受け画面』というところまで進めば
正常に起動しているもよう。
ここからキーボードのボタンを押して
システムを読み込むデバイスを選ぶんですが
キーボードが無いため今日の所はここまで。
キーボードは専用品なのでオクやジャンクで出るまで辛抱ですね

中を確認してみる

DSC_1715.jpg
とりあえず中を開けて状態を確認。
この機種、X1マニアタイプと呼ばれているようで
最低限のものしかついておらず、その他はオプション扱い。
拡張するのにかなりお金が必要な機種ですね

将来ゲームを起動するなら最低限必要と思われる
GRAMボードがささってるのを確認。
(これは買う前に隙間からのぞき込んでささってるのを確認した)

残念ながらその他のオプションボードはなし。
このPCを今からバリバリ拡張して使い倒す事は無いと思いますがね。。

DSC_1716.jpg
液漏れして基板に重大なダメージを与えるというバックアップ電池は
若干漏れてるっぽいですがリード線の部分が少し粉を吹いている程度で
周りのパーツは綺麗です。
今のうちに切除しておけばいいかな。
基板は全体的に軽く埃が付いてる程度で腐食などはなく
コンデンサも綺麗で問題なさそうです

DSC_1717.jpg
カセットテープの部分はメンテが必要で
ベルトが溶けてベロベロになってます
ここが直らないとデータを読みだす術がないので
頑張って直してやろうと思います

先日入手したシャープのレトロPCのX1ですが 専用キーボードの入手が難しかったので代替え案として変換器を購入しました TINY BEEP様で取り扱ってたREX1KBCというもので USBキーボードの入力をX1の信号に変換してくれる優れものです ・・・が我が家に唯一残してる有線USBキーボードが USBハブ内蔵でこのREX1KBCで認識しませんでした (キーボードがUSBハブの下にぶら下がってるようになるため USBハブを動かす機能がないと思われるREX1KBCでは動かない) つーわけでUSBキーボードを求めてハードオフへ

続き

よろしければシェアをお願いします

フォローする