パナソニック カセットデッキ RS-TR515修理

スポンサーリンク

IMG_20181218_121241.jpg
ハードオフ高松桜町店にて
パナソニック カセットデッキ RS-TR515
値札にはデッキ1故障、デッキ2再生できましたとありましたが
通電テストのところに持って行きテストをしたところ
デッキ2も死んでいました
値札が3月のものだったのでその間に壊れたのでしょう

両デッキともフォワードが数秒で停止
リバース側は再生OK
早送り巻き戻しはOKという典型的なギア欠けの症状だったので
これは簡単に直ると判断し確保。


DSC_3390.jpg
もって帰ってきた
高級感はA&DのDT-W4000に負けるものの
作りはしっかりしている感じです

DSC_3367.jpg
再度、動作チェック
ギア欠け以外に不具合はなさそうです

DSC_3389.jpg
ギアの在庫がなくなってたので
オクで出品されてた代替ギアを落札。

DSC_3391.jpg
分解。

DSC_3392.jpg
やはり例のギアが使われていました
1990年前後のパナソニック系の機種とか
OEMでユニットを流用している機種なんかは
このギアが原因で動かないものが多いですね
奇跡的に動いても時間の問題。

DSC_3393.jpg
サクッと交換しました
このギア、自分で量産できるようになりたいですねぇ

DSC_3394.jpg
一応、ベルトも確認。
このユニットを使ってる機種でベルト切れを起こしてるのに
当たったことが一度もないことから、かなり屈強なベルトを
使用しているのでしょうね。。

DSC_3395.jpg
組み込み完了。
両デッキを一晩回しっぱなしでテストしましたが動作問題なし。
音もクリアで安定しているのでメインとして使えそうな感じです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする