あそぶ!ゲーム展 STAGE3 e-とぴあ・かがわに行ってきた!

スポンサーリンク


今年も恒例の『あそぶ!ゲーム展』が香川県高松市の
e-とぴあ・かがわにて行われるとのことでしたので
今回もNaokit氏とともに行ってきました。

スポンサーリンク

開催場所・開催期間・駐車場は?


場所は高松駅の北側にあるビル群の高松シンボルタワー4階と5階。
今時ならカーナビやGoogleマップのナビで問題なく行ける場所です。

開催期間は
2019年7月20日~8月18日の間で8月5日のみ休館日なので注意
時間は10時~17時で金曜日と8月13日のみ19時まで。
終了しました。

駐車場ですが、有料の地下駐車場がありますのでそちらを利用しましょう。
シンボルタワー地下の駐車場に停めましたが2時間ちょいで700円でした。
(5000円札以上が使えないので砕いておきましょう)

広場の方に路駐している車が結構いますが・・・


案内板などを見てシンボルタワーの4階を目指しましょう
エレベーターもあるので私のような貧弱坊やも安心です。
4階に看板がかかってるのでそのフロアへ行きましょう。


開催4日目に訪れましたが四国以外からも結構な数の人が来ているようですね
とりあえず私も貼っておきました。

オープン直後に入ったため人は少なめでした

今回は90年代!

アーケード格ゲーゾーン


バーチャファイターの基板
MODEL1といわれるやつですね。


開発資料。
龍虎外伝のOPみたいなモーション資料も。


バーチャファイターがフリープレイで実機展示されていました
今見るとチープな映像ですが当時としてはすごい技術だったんですねぇ


ブラストシティで対戦台で設置されているのはバーチャファイター2.1
モニター基板が老朽化しているせいか結構映像が歪んでいました。。
(´・ω・`)


懐かしの25インチネオジオ筐体が置いていました!
近所のおもちゃ屋のゲームコーナーに置いてあったMVS-U4という筐体で
高校時代の帰りに寄ってよく遊んでましたねぇ

この筐体、近所に置いてたやつは遊んでるときに手がバチバチとよく感電していました
漏電しやすいんでしょうか・・・


このブログでやたらと登場する餓狼伝説スペシャル。
私の青春のゲームと言って良いでしょう。
小さなお子さんがそこそこ来ていたので
2ステージほど遊んで交代しました。

この筐体は最大4本のカセットを一度に差して
ボタンでゲームを選択できるタイプのものです。
餓狼SPの他にはマジシャンロードとNAM1975が入っているようです。

写真を撮るのを忘れましたが隣にスト2が設置されていました。


格ゲーブームについて
当時の同人誌もケース内に展示されていました。

コンシューマーゲームゾーン


90年代というと8ビット~32ビットゲーム機が入り乱れた
カオスな時代でした。
ここではメガドライブ、スーパーファミコン、PCエンジンが。


PCエンジンCD-ROM2システム。

いいジャンクPCは無いかと立ち寄ったハードオフ高松桜町店にて IFU-30A 初代系PCエンジンのCD-ROMユニットですな このユニットとCDドライブ、PCエンジン本体がそろって PCエンジンCD-ROM2システムになります ACアダプタなし動作未チェック5400円

以前、このブログでも修理しましたが
ここまでキレイかつ動作する個体を用意するのは大変だっただろうなぁ。。


ゲームはときめきメモリアルという人を選ぶゲームが遊べる状態で動いておりました。


少し離れた場所にはPS1が数台。
メタルギアソリッドとかが動いていました。
我が家では現役で動いていたりしますが一般的にはもう十分レトロハードでしょう。。


5階に上がります。


伝説のバーチャルボーイが!
これ、実機をプレイしたことがなかったのでいい経験でした。

・・・たしかに立体感のある映像ですが何が起こってるのかが分かりづらいですね・・・


サターンと3DO。
こいつらも我が家では元気に動いております。

セガサターンといえば同時期に発売されたプレイステーションとは 比較にならない耐久力を持つ屈強な戦士でした
伊予三島ハードオフにて 3DOが1080円でした 電源が入り、トレイ開閉可能とのこと 外装はかなり綺麗 もちろん即レ この辺のハードオフで3DOは6480円とか10800円とかで売られてるので 1080円なら買わざるを得ない


我が家では縁の無かったニンテンドー64。
64DDというマニアックなハードもセットで展示されていましたが
残念ながらプレイはできず。

PCゲーゾーン



ちょっとこの世代のPCゲーはあまり詳しくないので割愛しますが
何個かPCゲームが動いていました。

体感ゲームゾーン


電車でGO
これ系はゲーセンで遊ばなかったんですが。。
昔京都に住んでいたので京都駅付近の映像を見て懐かしいと思いました。


レースゲーもほぼやらない人種なのですが
Naokit氏とプレイしました。


しかし、私は超絶に3D酔いする人間なので
完走することができず気持ち悪くなり途中で離脱しました。。


体感ゲームではないんですがこのゾーンに申し訳程度に置かれていた筐体。
怒首領蜂が入っていました。

音ゲーゾーン


90年代と言えば音ゲーというジャンルが生まれて大ヒットしましたね
私はゲーセンではプレイしなかったんですが・・・


ビートマニア。
仲間内でPS版がはやってたので私も専用コントローラーを買って
遊んでみたところ見事にハマりました。
朝まで寝ずにプレイできるほど中毒性がありました。

左手で鍵盤というのが私には合わなかったので
腕をクロスさせてプレイするスタイルで遊んでいました。


ポップンミュージック
知り合いが3人がかりでプレイしていましたな・・・

その他、太鼓の達人とダンスダンスレボリューションがありました。

出口付近


家庭用ゲーム機互換基板として何台か展示されていました
互換基板の代表ともいえるMVS(ネオジオ)
これはネオジオコントローラーやメモリーカードユニットを挿せる初期の物ですね


ドリームキャスト互換基板のNAOMI。
JAMMA環境で遊ぶには専用電源とI/Oボードが必要です。

入ってるROMカートリッジがゾンビリベンジというのがイカス。
我が家ではほぼアカツキ電光戦記専用機。

そのほか、PS2などが展示されていました。


開発者などの対談映像が流れていました。
今回はやっぱり格ゲー関係のお話でした。

クイズラリー


入り口で用紙をもらいクイズに回答して全問正解すると景品がもらえます。
今回はパワプロ学習帳と鉛筆でした
問題自体がそう難しいものではなくヒントも各所に書かれていますので
ゲームにあまり詳しくない方でも問題ないと思います。

格ゲー音ゲー世代は楽しめた!

展示台数が前回までよりかなり少なめでちょいと寂しい感じはしましたが
格ゲーメインといった世代的にドンピシャだったので楽しめました。
(もう少し格ゲーのバリエーションを増やしてもいいかなとは思いますが)

カタログ販売は今回は製作自体がされていないそうで無いそうです。
(STAGE1と2の分はカウンターで販売してるらしい)

2時間程度で全部回れるので夏休みにお子さんとちょっと来てみてはどうでしょうか?

関連記事・こちらもどうぞ

2017/8/3 Naokit氏と高松へ いつもならハードオフめぐりなわけですが今回は違います
2018/7/25去年の夏休みにも開催された『あそぶ!ゲーム展』のSTAGE2が香川にやってきたので今回も行ってきました

よろしければシェアをお願いします

フォローする