ノートPCを買うならメーカー直販がお得かも?というお話。


PCはジャンクで補うという生き方のワタクシですが
もちろん新品のPCを買うこともあります。
その際にメーカー直販を覗いてみるとお得に買えるかも?というお話をします。

量販店では得られないメリット

カスタマイズができる

一番のメリットってこれですね
メーカーや機種にもよるんですが主要機種はCPUやストレージを自由に変更して
購入することができます。
家電量販店だとスペックが決まった量販店モデルが数種類あるといった感じで
自由度はイマイチありませんが直販ならば自由度が高いです。
また、人によっては使わないOfficeを外して費用を抑えたり
量販店モデルにはないオプションをつけることができたりします。

延長保証が量販店のものより強力だったりする

DSC_1010.jpg
だいたいPCの場合、追加料金で延長できる保証がありますが
家電量販店の延長保証ってだいたいが自然故障のみ対象で
破損・水没などは非対応なんですよね。
外圧がかかって液晶が割れる、飲み物をキーボードにこぼしてしまうといった
アクシデントはPCの扱いに慣れていない人ほど発生する可能性が高いです。

メーカー直販の場合、そういった外的要因にも対応できる
延長保証が用意されている場合があります。

クーポンで安くなる

直販だとその場で使えるクーポンコードがあったりして
標準価格に比べて激烈に安くなることがあります。
(標準価格を高く設定しているだけかもしれませんが)

直販サイトでPCをカスタマイズしてみよう

メーカーサイトへGo


今回、例として私が大好きなThinkpadを販売している
Lenovoの直販サイトに行ってみましょう。
私もその昔、Thinkpad E430をカスタマイズして買ったことがあります。


その中でも今回私が注目している最新の第11世代Core iシリーズを搭載している
Thinkpad E14 Gen2をカスタマイズして遊んでみようと思います。
(こないだGPDWINMAXを買ったばかりなので買わないけど)


即納モデルとカスタマイズモデルが並んでいますが
今回は最上位モデルのプレミアムをカスタマイズします。
廉価モデルだと最終的にコスパが悪くなったり選べないオプションがあったりするので
私はPCに関しては後悔しない選択をしています。

仕様を弄ってみる


このような感じで選べる部分はボタンが押せるようになっていますので
お好みにカスタマイズしていきます。
構成を変更すると金額も変わります。

CPUはCore i7 1165G7で固定。
こいつはTigerLakeの強力な統合GPUを積んだ4コア8スレッドのCPUで
末尾がHの6コア12スレッドの物には演算能力が劣りますが
一般仕様では十分すぎる速度を持っています。

私の場合Officeは要らないのでそのまま。


メモリやSSDは悩むところです。
なぜなら一番安いものに設定しておき、後で単品で購入して
自分で入れ替える方が安くつく場合もあるからです。

ただ、今回の場合安いものを選択するとクーポンの割引率が落ちて
さほどお得感がないため最上位のモノを選択します。

メモリに関しては自分で交換できる機種とチップがハンダ付けで実装されている機種があり
ハンダ付けタイプのPCは後から増設ができなかったりしますので注意。
今回、メモリは贅沢に32GB。

SSDも悩むんですがよく見ると2242サイズのM.2 NVMeみたいで
こいつは入手性が悪すぎるため素直に最大容量をチョイスします。

画像には映っていませんが2nd SSDは普通の2280タイプのようですので無しで。


ディスプレイですがデフォルトではフルHDタッチ無しが選択されています
14インチクラスのノートPCでタッチなど使わないと思いますが差額がわずかですので
タッチ機能を追加します。
色の再現度を重視する方はタッチ無しの100%sRGBの方を選ぶべきですね。

グラフィックスですがこの機種はGeforce MX450というモバイル用GPUチップを
追加できるようです。
もともと内蔵グラフィックスが強力なTigerLakeのCPUを積んでいますので
ゲームをしない方は不要かと思います。
積むメリットはゲームがそこそこ動くようになる、ビデオメモリが共有でなく
別で高速なGDDR6の2GBが確保できるといったところでしょうか?
Geforceと言ってもGTXシリーズのように高性能ではないので
ガチな重いゲームは厳しいと思います。
デメリットは消費電力が増えるのでバッテリー持ちに影響が出るのと
発熱でチップのハンダクラックなど故障率があがることでしょうか。。。
しかし、私がこの機種を買うとしたら間違いなく積むと思います。

保証・オプション品


ビジネスPCだけあって保証もいろいろ選べるんですが
残念ながら自然故障のみ対応のようですね。
レノボは保守部品の入手性がよく、自分で修理できますので
今回保証は1年のみで。


周辺機器も純正品にこだわらなければここで買う必要のないものが多いですが
後で買うと割高になるものもあるので気になるものがあったら要チェック。

最終金額は・・・


このような感じでカスタマイズしたPCは最終的に131560円となりました。
クーポン適用で半額近い金額になっていますね。
これを高いとみるか安いと見るか・・・
私は出たばかりの最新CPUのマシンかつメモリなど盛りまくってるので妥当かなと思います。
家電量販店で同じようなスペックの物があったとして軽く20万円は超えると思います。

このように理想のスペックのマシンの値段がいくらになるのか
いろいろ試してみると面白いですのでPCの購入を考えている方は是非どうぞ。

直販サイト


レノボ・ショッピング キャンペーン情報


NEC Direct(NECダイレクト)


富士通FMV 【アウトレットパソコン】旧モデルがお買い得!


FRONTIERダイレクト

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。