バッテリーを気にせずYoutube動画撮影をしたいので中華DCカプラーを購入!


バッテリーを気にせずYoutube動画撮影をしたいので中華DCカプラーを購入!
こんにちは、Youtubeで人気者になろうと奮闘しているプンソンです。

今回は、そのYoutubeの撮影に使っているカメラのアクセサリーを買いましたので
使えるか実験してみようと思います。
(久しぶりにカメラカテゴリの記事ですね)


この記事には動画版もあります


現在、Youtubeでの活動に力を入れております。
高評価・チャンネル登録やSNSでのシェアをお願いします。

バッテリー管理から逃れたい

2015年の後半あたりから出るぞ出るぞと言われてなかなか発表されなかった パナソニックのフラッグシップ機である DC-GH5が本日(2017年3月23日)ようやく発売されました

私はYoutubeを始める前から趣味でカメラをやっており
購入した2017年時点で動画撮影最強と言われるDC-GH5を使用しています。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥196,000 (2021/09/24 16:39:08時点 Amazon調べ-詳細)
最近、マイナーバージョンアップの後継機が出たようですね。

DC-GH5を使うようになってからバッテリーのもちが 気になるようになったのでバッテリーを購入。 純正バッテリーは高価なので互換バッテリーにしました 2個セットで3000円 今回はこいつの性能を測ってみたいと思います *この記事は2017年9月に書いたものをリライトしています

一眼タイプのカメラとしては動画撮影時のバッテリーもちが非常によく
2時間ほどの連続撮影が可能です。


しかし、それでもYoutubeの動画撮影は長時間かかるもの。
10分程度の動画の撮影でもジャンク修理をしながらですと4時間とか6時間とかかかる時があり
数回バッテリーを入れ替えないといけない場合があります。

バッテリーは純正、互換合わせると大量に持っていて
ナンバーを振っているんですがそれでも管理が大変です。


というわけで、今回は家庭用電源で動作させるアクセサリーを購入しました。

中華DCカプラー+ACアダプターキット

今回購入したのはこちら。
中華製のDCカプラーとACアダプターがセットになったものです。
これがあれば家で撮影する際は100Vコンセントでカメラを
延々と回し続けることができます。

Youtube撮影という一応、仕事の一環であるネット活動で使用している道具ですので
純正品を使いたいところですが高いんですよねぇ・・・


中身はバッテリーのダミーとなるDCカプラー・ACアダプター・メガネケーブルと最小限。


ACアダプターは8.4V 2Aという仕様で純正品が2.5Aであることを考えると
少し出力が落ちます。


バッテリーが7.2Vなので少し電圧は高めですね。
純正品もそうですがこれは安定動作をさせるためでしょうか。

ACアダプターには輸入業者付きのPSEマークがあるので
偽装でなければ一定水準の安全は確保されているようです。

動作チェック


動作チェックは先代機であるDMC-GH4で行っています。
(GH5は撮影で使用していたのと万が一を考えて)


まずはバッテリー室にカプラーを入れます。


本体側が一部外せるゴムになっているため、そこからケーブルを出します。


後はACアダプターをつないで電源オン!


問題なく電源が入りました。


静止画撮影、動画撮影も問題ないようです。


その後、GH5で3時間ほど連続動画撮影(4K60P)をしてみましたが
途中で止まることもなく完走できました。

とりあえず動作は安定しているようですね。
常用しても問題なさそうです。
耐久性が分かりませんのでこれは今後ですね。。

というわけで中華DCカプラーは問題なく動きましたので
これから撮影でバリバリ働いていただこうと思います。

この記事が『参考になった』という方はぜひシェアをお願いします

フォローをお願いします。