新兵器導入とネオジオのUNI-BIOS化

スポンサーリンク

DSC_1235.jpg
いつかほしいと思ってたこいつを購入しました


DSC_1236.jpg
自動ハンダ吸い取り機
TP-100!




DSC_1237.jpg
電源を入れるとハンダゴテのようにノズルが熱くなり、それでハンダを溶かした後に
トリガーを引くとブブブッとポンプが作動しノズルの穴からハンダが吸い取られるという仕組みです
ハンダの除去はハンダ吸い取り線や手動式のスッポンを今まで使用していましたが
足の多いROMやICを外すのに限界を感じたため購入に踏み切りました

DSC_1239.jpg
実験でジャンクファミコンカセットのROMを外してみました
おお、これはすごい!
吸い取った後、ROMが自重でポロっと外れるくらいすごい!

ハンダ吸い取り線とスッポンとは天地の差、
ドラクエで例えるなら『どうのつるぎ』から『はがねのつるぎ』に買い替えた時のような感覚です

DSC_1240.jpg
つーわけでこれを買った理由の一つ
家庭用ネオジオのBIOS交換をしちゃいましょう

DSC_1241.jpg
プラスドライバーで簡単に分解可能です

DSC_1242.jpg
こいつがBIOS ROM
ROMがソケット式ではなく直にハンダ付けされており、
初期MVSと違って交換が難しい理由となっています

DSC_1243.jpg
裏面は細かくパターンが走っているのでハンダ吸い取り線ではパターンを痛めてしまう可能性があり
自分の技術では今まで手を付けられないでいましたが。。。

DSC_1244.jpg
TP-100の前ではあっさりとポロリしました

DSC_1263.jpg
今後のためにソケット化することにします
ROMソケットはレールで買ったのでいっぱいあります

DSC_1245.jpg
ソケットをハンダ付けしたあと
UNI-BIOS3.2を書き込んだ27C1024を差し込み・・・

DSC_1248.jpg
動作確認のためこの状態でカセットを差し込み電源オン!

餓狼スペのカセットは見つからないので買いなおしました
こいつがあればかなり遊べる

DSC_1246.jpg
キター
無事にUNI-BIOSが立ち上がりました

DSC_1247.jpg
初期設定だとリージョンが欧州版になっているため
タイトルがFatal Fury Specialになっていますが問題なく遊べそうです
この後、リージョンをJAPANに変更しました
メモリーカードがあるので設定も保存されて快適に遊べそうです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする