後期MVSマザーのステレオ出力改造

スポンサーリンク

DSC_1213.jpg
MVSの初期マザーはデフォルトでステレオに対応しており、専用のピンが出ていてそこに
配線すれば簡単にステレオ出力にできるのですが後期マザーはそのピンが省略されているので
改造しなくてはできません
基板のパターンから直接音声を取り出す方法が海外サイトで紹介されているので
参考にしました


DSC_1214.jpg
まずMV-1C
http://www.neo-geo.com/forums/showthread.php?269819-MVS-MV-1C-Stereo-Mod-working-now
によると
基板の右端にあるチップから左右の音声が取れるとのこと
GNDはその横にモロにGNDと書いているところがあるのでそこへハンダ付け。

ヒートシンクとアンプは外すとのことですがめんどくさいのでそのままにしています
もちろん、JAMMA側からは音声を出さないように配線を抜きます

DSC_1216 1
MV-1BはYM-3016の横にあるチップ(LR)とバックボードにつながっているA50のピンからとります
A50の信号を2分配して4.7μfのコンデンサと
6.8KΩの抵抗を通した後混合させる回路を組みます
6.8KΩがなかったので4.7KΩと2KΩを直列に繋いでそれっぽくしました

DSC_1217.jpg
配線場所と回路図は
http://www.jammanationx.com/jammax/tutorials.html
ここを参考に
GNDは大きなランドがあったのでそこに。

DSC_1218.jpg
端子の固定は両面テープ式のケーブルを固定するやつを使いました
ヘッドホン端子を付けていますが出力はラインレベルなのでヘッドホンは鳴らせません

若干、ブーッというノイズが乗るものの無事にステレオ化できました

DSC_1219.jpg
100均のMDFを適当な大きさに切って基板の保護板にしました
非常に扱いやすくなりました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする