ジャンクPS2(SCPH-90000)の修理

スポンサーリンク

DSC_0600.jpg
薄型PS2ジャンクを3台まとめて買った時の最後の1台。
DVD再生中で電源が切れる、パーツ取り用
とのことですが。。。


本体を振ってみるとカラカラ音がしました
電源が落ちる原因は恐らく中のパーツが外れたか
排気口から異物が入って冷却ファンに噛んでて
冷却不良による熱暴走だろうと思い購入を決めました
お値段は1080円
見た目は非常にキレイでヤニっぽい感じもしないので
直ればかなりお得です

DSC_0601.jpg
持って帰って電源を入れると案の定、冷却ファンが回ってないので
分解して原因を排除することに。
封印シールを容赦なく剥がしてネジを回して分解します

DSC_0604.jpg
分解中、何やら黒いプラスチック片がカランと落ちてきました
なんだろうと思いながら分解を続けて・・・

DSC_0605.jpg
御開帳。
上の方の黒いのが冷却ファンです
フレキを引っこ抜いてネジを外せば簡単に外れます

DSC_0607.jpg
外したところ
カランっと

DSC_0608.jpg
バラバラバラっと何かがファンの中から。。


DSC_0609.jpg
ファンの羽根が何かしらの原因でブチ割れてファンの中に詰まっていました
そりゃ回らんわな。。

DSC_0610.jpg
破片を取り除いて残った羽根で冷却できるかなと思い
組み立てて電源を入れてみました
ファンの重心が崩れる為ブーンという音を出しながら振動する
バイブレーション付きのPS2になりましたがなんとか冷却はできているみたいです

Screenshot_2017-04-10-16-32-35.png
とはいえこのまま使う気にもなれず冷却ファンを調達することに。
当然のように専用設計のファンですが
Aliで送料入れて400円程度で入手できるようですので
今後のことも考えて2つポチっておきました

----------------------------------------

DSC_0681.jpg
10日ほどで国際郵便で届きました

DSC_0682.jpg
羽根の枚数がちょっと違いますが寸法などほぼ同じ

DSC_0683.jpg
問題なく装着でき、いい感じに排気できるようになりました

DSC_0684.jpg
3時間ほど遊んでみましたが電源が落ちる様子もなく
しっかり冷却できているようです
読み込みも問題なし
部品取りジャンクとして生涯を終えるにはあまりにももったいない子でした
総額1500円程度で90000番のPS2が手に入ったので満足。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする